おすすめヘッドハンティング会社ランキング一覧|特徴・違いも徹底解説
この記事のまとめ
転職サイトは複数登録が基本
高年収狙うならリクルートダイレクトスカウト
年収800〜2,000万円求人多数!
 登録後はスカウトを待つだけ!
求人数の多いリクルートエージェントも。
└求人数12万件以上!非公開求人多数
おすすめヘッドハンティング会社はどこ?
ヘッドハンターから連絡がきたけど怪しくない?

この記事ではこのような悩みを解決するべく、
実績の多いヘッドハンティング会社や選び方、注意点
などを解説していきます。

不安をなくしてぜひ転職を成功させてくださいね。

転職コネクトについて
当メディアは、転職エージェントの運営に必要な「職業紹介事業」の許可を受けている有料職業紹介許可事業者が運営しており、各記事も経験豊富な転職のプロが執筆しています。
なおランキングは、「求人数」「サポートの質」「口コミ」などをもとに総合的に評価しています。

Web上ですぐに登録完了

リクルートダイレクトスカウト

リクルート
ダイレクトスカウト

公式サイト→

年収800〜2,000万円の求人多数
待っているだけでスカウトも
20代から使える
求人数 約109,000件
総合評価 4.9/5.0

リクルートエージェント

リクルート
エージェント

公式サイト→

非公開求人10万件以上
転職支援実績No.1
求人数 約155,000件
総合評価 4.7/5.0

ランスタッドロゴ

ランスタッド

公式サイト→

外資系転職に強い!
非公開求人多数!
求人数 非公開多数
総合評価 4.5/5.0

記事の目次

転職におすすめヘッドハンティング会社ランキング

ここでは
・実績あり
・求人数が豊富
・ヘッドハンターの質が高い

上記の条件をクリアした厳選のヘッドハンティング会社をご紹介しています。
2〜3社に登録して自分にあったサービスを探してみてくださいね。

おすすめの総合型転職サイト

サービス 求人数 コメント
リクルート
ダイレクト
スカウト
約109,000件 年収800〜2,000万円求人多数
待っているだけでスカウト
JAC
リクルートメント
約11,000件 ハイクラス求人多数
サポート充実
ランスタッド 非公開求人多数 外資系転職に強い
世界39か国に拠点あり
※求人数:2022年1月時点

Point! ▶
ヘッドハンティング会社ごとにあなたとの相性は大きく異なります。
スカウト確率を上げて希望のお仕事に就くなら最低2〜3社への登録がおすすめ。
ヘッドハンターとの相性を比較でき、各社異なるお仕事を紹介してもらえることもあります。

1.リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトの特徴

  • 高収入な非公開求人が多い
  • 各求職者に最適な求人を提案
  • 登録後はスカウトを待つだけ
総合評価
公式サイト https://directscout.recruit.co.jp/

リクルートダイレクトスカウトは、人材大手であるリクルートが運営する転職サイトです。

ハイクラスの転職に特化しており、求職者のこれまでの実績などをもとに、優秀なヘッドハンターからスカウトが届きます

待つだけで転職活動を進められるため、現職が忙しく、転職にあまり時間を割けない・割きたくない方におすすめです。

また、リクルートダイレクトスカウトはハイクラス特化型の転職サイトなので、ハイクラスな非公開求人も多く保有しています。

>>公式サイトを見る

リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミ

口コミアイコン
40代男性
リクルートダイレクトスカウトは届くスカウトの量が他のヘッドハンティング会社よりも多かったです。
そのため、自分の希望に合わせて選びやすかったです。

>>リクルートダイレクトスカウトの評判・口コミはこちら

2.JACリクルートメント

JACリクルートメント

JACリクルートメントの特徴

  • 外資系をはじめとしたグローバル転職に強み
  • ハイクラス求人が多数
  • 各業界に精通したおよそ800名のコンサルタント
総合評価
公式サイト https://www.jac-recruitment.jp/

JACリクルートメントは、ロンドンで設立された東証一部上場済みの日系転職サイトです。

主に外資系企業や国内大手企業への転職、グローバル転職に強みを持つヘッドハンティング会社です。

JACリクルートメントに在籍している企業ごとのヘッドハンターは、それぞれの社風や強みなどを網羅的に把握しており、より実地に近い情報を得られます。

また、求人の中には他社では見られない高待遇で魅力的な案件もあり、求人の質に関しても評価は高めです。

経営に近いハイクラス層の転職や、管理職・専門職での転職を考えている方におすすめなヘッドハンティング会社です。
>>公式サイトを見る

JACリクルートメントの評判・口コミ

口コミアイコン
30代女性
他の大手転職サービスと比べて、担当のサポートが比較的良かったです。
親身になってキャリアに関する相談に乗ってもらえましたし、丁寧な面接対策もしてくれました。
さらに、履歴書や職務経歴書などの書き方も、担当のきめ細かな指導が受けられました。


>>JACリクルートメントの評判・口コミはこちら

3.ランスタッド

ランスタッド

ランスタッドの特徴

  • 外資系の転職に強みを持つ
  • ハイクラス求人多数
  • サポートが手厚く質も高い
総合評価
公式サイト https://www.randstad.co.jp/

ランスタッドは世界39か国に拠点を持つ、世界でも有数な規模の総合人材サービス会社です。

グローバルなネットワークを持つ同社は外資系への転職に特に強く、ミドル層やハイクラスのみならず若手の転職まで、幅広く転職成功へのサポートをしています。

また、年収3,000万円以上のハイクラスな求人を含む非公開求人も豊富に扱っています。

さらに、ランスタッドに在籍しているヘッドハンターの質も十分で、あなたの転職成功率アップに貢献してくれます。
>>公式サイトを見る

ランスタッドの評判・口コミ

口コミアイコン
30代女性
ハイクラスの求人が多く、中でも外資系の案件の多さには目を見張るものがある。
一つ一つの求人の質は高いが、こと数に関してはそこそこといったところか。
しかしそこそこといっても許容しうる範囲内である。
よって利用を強く勧める。

>>ランスタッドの評判・口コミはこちら

4.doda X(旧:iX転職)

doda X(旧:iX転職)

doda X(旧:iX転職)の特徴

  • ハイクラス求人を多く扱っている
  • 長期的視点で求職者を支援
  • 登録した情報は非公開化が可能
総合評価
公式サイト https://ix-tenshoku.jp/

doda X(旧:iX転職)は、ハイクラス転職に特化したヘッドハンティング会社・転職サイトで、パーソルキャリア株式会社が運営しています。

登録後は、ヘッドハンターからスカウトがきます

それにより、現職が忙しい方でもちょっとした時間にスカウトを確認するだけで転職活動を進められます。

また、ハイクラス転職に特化しているだけあってハイクラス向けの非公開求人も数多く扱っていて、求人の質で勝負をするといった印象のヘッドハンティング会社、転職サイトです。

ヘッドハンターは職務経歴書をもとに求職者をヘッドハントし、それに応じると情報が登録されるといった流れなので、個人情報保護の観点からも安心です。

doda X(旧:iX転職)の評判・口コミ

口コミアイコン
30代男性
ヘッドハンターが非常に丁寧にサポートしてくれました。
スカウトを待つというサービスの特性上、現職の負担もそこまで大きくなかったのでそこも良かったかなと思います。


5.リクルートエグゼクティブエージェント

リクルートエグゼクティブエージェント

リクルートエグゼクティブエージェントの特徴

  • 経営者・エグゼクティブ層に特化
  • 主にミドル向け
  • 人材大手リクルートが展開
総合評価
公式サイト https://www.recruit-ex.co.jp/

リクルートエグゼクティブエージェントは、株式会社リクルートによるヘッドハンティング・エグゼクティブサーチ企業です。

在籍コンサルタント数は国内最大級で、社長などの経営クラスや、エンジニアをはじめとする専門職等の転職に強く、優秀な人材が多く登録・利用しています。

ただ、ヘッドハンターのサポートは比較的あっさりという印象を受けたという口コミも多いため、手厚くサポートされたい方は転職エージェントなどと合わせての利用がおすすめです。

リクルートエグゼクティブエージェントの評判・口コミ

口コミアイコン
40代男性
業界トップクラスの実績らしく、安定感があった。
また、案件も条件が良いものが多く、ハイクラス転職サービスのなかでも特におすすめできる。
支援に関しては少々ドライな雰囲気。


6.レイノス

レイノス

総合評価
公式サイト https://www.randstad.co.jp/

レイノスは、国内の大手ヘッドハンティング会社です。

ヘッドハンターの在籍数自体はそこそこですが、利用者からの口コミ・評判は良好で、実績も十分です。

扱っている求人も、年収1,000万円を超える幹部候補や、現場のマネージャークラスなどバリエーション豊かかつ質の高い求人が多いです。

7.ビズリーチ

ビズリーチ

総合評価
公式サイト https://www.bizreach.jp/

ビズリーチはハイクラスの転職に特化したヘッドハンティング会社です。

扱っている案件は、どれも質が高くその求人数も非常に多いです。

ヘッドハンティング会社として国内最大級の規模を誇る同社だからこそ実現できるクオリティです。

なお、ビズリーチの特徴は、プランが無料プランのスタンダードステージと有料プランのプレミアムステージの二つに分かれている点です。

無料プランでは閲覧・返信できる求人が限定されてしまいますが、有料プランであればその制限がなくなります。

より効果的に活用したい方や、できるだけスピーディーに転職を終えたい方は有料プランが断然おすすめです。
>>公式サイトを見る

関連記事:
ビズリーチの評判・口コミ

8.クライス&カンパニー

クライス&カンパニー

総合評価
公式サイト https://www.kandc.com/

クライス&カンパニーは、約27年の歴史を持つ、幹部やスペシャリストなどのハイクラス人材の転職に特化したヘッドハンティング会社です。

その実績から、転職先企業との信頼関係も強く構築されており、非公開求人も多く扱っています

また、在籍しているヘッドハンターは国家資格であるキャリアコンサルタント資格を取得しており、業界に関する広範な知識と情報を持っているので、質の高いサポートが受けられます。

9.ロバートウォルターズ

ロバート・ウォルターズ

総合評価
公式サイト https://www.robertwalters.co.jp/

ロバートウォルターズは、世界30ヶ国以上の国に拠点を置き、グローバルに転職支援を行う外資系転職エージェントです。

求人は年収500万円以上のグローバル案件がメインで、キャリアアップが目指せるようなハイクラス求人が揃っています。

語学力に自信がある方は特に利用すべきおすすめのサービスです。

10.dodaエグゼクティブ

dodaエグゼクティブ

総合評価
公式サイト https://doda.jp/

dodaエグゼクティブは、大手人材企業のdoda(デューダ)が展開している、エグゼクティブ層に特化したヘッドハンティング会社です。

案件はそのほとんどが年収800万円以上のもので、非公開のプレミアム求人も豊富に扱っている点が魅力的です。

実際に、dodaエグゼクティブを利用したことで年収を上げられたという声も多く、順調に実績を積んでいます。

他のヘッドハンティング会社と合わせて登録し、比較しながら転職活動を進めていくのがおすすめです。

11.MRIJAPAN

MRIJAPAN

総合評価
公式サイト https://www.mri-tmg.jp/

MRIJAPANは、外資系企業・グローバル企業のヘッドハントに強みを持つヘッドハンティング会社です。

世界40カ国以上の拠点で、毎年45,000人以上にも及ぶ人材のヘッドハンティングを行っています。

国内外のグローバル企業や、外資系企業への転職を少しでも考えている方はぜひ登録しましょう。

12.ムービン・ストラテジック・キャリア

ムービン・ストラテジック・キャリア

総合評価
公式サイト https://www.movin.co.jp/

ムービン・ストラテジック・キャリアは、日本で初めてコンサル転職に特化した転職サービスです。

ケース面接やフェルミ推定など、コンサルティング会社特有の選考を突破するためのサポートを専門的に行ってくれます。

ただ、コンサル専門という特性上、求職者によってはあまり案件が紹介されない場合もあります。

そのため、必ずヘッドハンティング会社は複数社組み合わせて利用しましょう

ここでは、サーチ型のヘッドハンティング会社をご紹介します。

なお、サーチ型ヘッドハンティング会社は、基本的にヘッドハンターからスカウトがくるまで、利用者からの登録はできません。

サーチ型ヘッドハンティング会社

テクノブレーン

テクノブレーン

公式サイト https://www.techno-brain.co.jp
拠点 東京

ハイドリック・アンド・ストラグルズ

ハイドリック・アンド・ストラグルズ

公式サイト https://www.heidrick.co.jp
日本の拠点 東京

ARK

ARK

公式サイト http://d-ark.co.jp
拠点 東京

サーチファーム・ジャパン

サーチファーム・ジャパン

公式サイト https://www.search-firm.co.jp
拠点 東京

サムライズ

サムライズ

公式サイト http://www.samurise.co.jp
拠点 埼玉

スタントンチェイス・インターナショナル

スタントンチェイス・インターナショナル

公式サイト https://www.stantonchase.co.jp
日本の拠点 東京

半蔵門パートナーズ

半蔵門パートナーズ

公式サイト https://www.hanzomon-p.jp
拠点 東京

スペンサースチュアート

スペンサースチュアート

公式サイト https://www.spencerstuart.jp
日本の拠点 東京

スターラボ

スターラボ

公式サイト https://scout.star-labo.co.jp
拠点 北海道・宮城・新潟・東京・大阪・広島・福岡

ブレイブ

ブレイブ

公式サイト http://www.brave-j.co.jp
拠点 東京

兆(KIZASHI)

兆(KIZASHI)

公式サイト https://kizashi-group.com
拠点 東京・大阪

縄文アソシエイツ

縄文アソシエイツ

公式サイト http://www.jomon.co.jp
日本の拠点 東京

AIMSインターナショナルジャパン

AIMSインターナショナルジャパン

公式サイト https://aims-japan.com
拠点 東京

トスワーク

トスワーク

公式サイト https://www.tosswork.jp/
拠点 東京

条件別ヘッドハンティング会社ランキング

この章では、「外資系志望」「ITエンジニア志望」といった条件別のおすすめヘッドハンティング会社をまとめました。

外資系志望におすすめ

サービス名 評価 コメント
JACリクルートメント
グローバル転職に強み
ハイクラスにも◎
ランスタッド
世界最大級の外資転職サービス
キャリアアップを目指せる
ロバートウォルターズ
外資系に特化
語学力を生かした転職に◎

▶︎横にスクロールできます▶︎

国内企業志望におすすめ

サービス名 評価 コメント
リクルートダイレクトスカウト
ヘッドハンターの質○
無料で利用可能
ビズリーチ
ハイクラスに特化
圧倒的求人数
クライス&カンパニー
幹部人材の転職に特化
非公開求人も多数

▶︎横にスクロールできます▶︎

IT・エンジニア系志望におすすめ

サービス名 評価 コメント
リクルートダイレクトスカウト
ヘッドハンターの質○
無料で利用可能
JACリクルートメント
グローバル転職に強み
ハイクラスにも◎
リクルート
エグゼクティブエージェント
エグゼクティブ向け
スペシャリストのキャリアアップに◎

▶︎横にスクロールできます▶︎

【関連記事】
IT/Webエンジニアに強い転職エージェントおすすめランキング
Web/ITエンジニアにおすすめの転職サイトランキング

コンサルティング会社志望におすすめ

サービス名 評価 コメント
リクルートダイレクトスカウト
ヘッドハンターの質○
無料で利用可能
ムービン
・ストラテジック・キャリア
コンサルに特化
内定率◎
ロバートウォルターズ
外資系に特化
語学力を生かした転職に◎

▶︎横にスクロールできます▶︎

経営幹部クラス志望におすすめ

サービス名 評価 コメント
リクルートダイレクトスカウト
ヘッドハンターの質○
無料で利用可能
JACリクルートメント
グローバル転職に強み
ハイクラスにも◎
ランスタッド
世界最大級の外資転職サービス
キャリアアップを目指せる

▶︎横にスクロールできます▶︎

【関連記事】
ハイクラス転職におすすめ転職サイトランキング

ヘッドハンティング会社の事前知識

ここでは、事前に知っておきたいヘッドハンティング会社の知識をまとめてご紹介します。

今後適切にヘッドハンティング会社を活用するためにも、正しい知識をつけていって下さい。

ヘッドハンティング会社のビジネスモデル

ヘッドハンティング会社のビジネスモデルは以下の通りです。

  1. 企業がヘッドハンティング会社に依頼
  2. 企業が着手金をヘッドハンティング会社に支払う
  3. ヘッドハンターが人材を探し、スカウト
  4. 面接
  5. 採用、ヘッドハント成功
  6. 企業からヘッドハンティング会社に報酬

このように、ヘッドハンティング会社は企業から報酬を得ているため求職者やスカウトされた方は基本的に無料で利用できます

ヘッドハントと引き抜きの違い

ヘッドハントと引き抜きは、企業が求める人材を獲得するという目的においては変わりません。

両者の違いはそのターゲット層にあります。

引き抜きの場合、役職・職位に関わらず人材を企業に勧誘します。

一方ヘッドハントは、主に経営層や専門技術を持った希少価値の高い人材をターゲットとしてスカウトする、というものです。

ヘッドハンティング会社が存在する理由
ヘッドハントは引き抜かれる会社からすると、せっかく育てた優秀な経営者やエンジニアを他社に取られてしまうということです。

企業によってはそれを阻止しようと考え、訴訟を起こそうと考えるかもしれません。

こういった面倒を避けるためのサービスとして、ヘッドハンティング会社が存在します。
スカウトを受ける側も登録することで転職の意思を表明できるため、トラブル回避ができると企業も多く利用しています。

今の会社でもいいけど、可能ならもっと条件のいい会社で働きたい、という方はヘッドハンティング会社に登録しておくといいでしょう。

ヘッドハンティング会社と転職エージェント(人材紹介)の違い

ヘッドハンティング会社と転職エージェント(人材紹介)は混同されがちですが、実は少し違いがあります。

企業からみた違いと求職者からみた違いに分けて解説します。

企業からみた違い

企業から見た転職エージェント(人材紹介会社)とヘッドハンティング会社の主な違いは「報酬を支払うタイミング」「人材のサーチ方法」です。

転職エージェント(人材紹介会社)の場合は企業が人材を採用して初めて報酬を支払うのに対し、ヘッドハンティング会社の場合、採用時の報酬とは別で着手金を前もって支払っておくことが多いです。

また、転職エージェント(人材紹介会社)は自社に登録された人材、つまり転職意欲がある方の中から企業に紹介しますが、ヘッドハンティング会社の場合、登録された人材以外の転職を考えていない人材にもアプローチします。

求職者からみた違い

一方、求職者からの視点では、「エージェントから転職支援を受けられるかどうか」という違いがあります。

転職エージェント(人材紹介会社)からは面接対策や書類作成サポートなどが受けられます。

しかし、ヘッドハンティング会社を利用した場合、一部のサービスを除いて基本的にそれらの転職サポートは受けられません。

そのため、転職を成功させたい方や転職経験が少ない方、転職が不安な方は転職エージェントとの併行利用がおすすめです。

【関連記事】
転職エージェントおすすめランキング
転職サイトおすすめランキング

ヘッドハンティング会社は2種類ある

ヘッドハンティング会社には、「登録型」と「サーチ型」の2種類が存在します。

それぞれ詳しく解説します。

登録型ヘッドハンティング会社

登録型ヘッドハンティングとは、自分でサービスに登録してヘッドハンターからのスカウトを待つというスタイルです。

待つだけで転職活動が進むという利点はありますが、登録者の経歴やスキルなどをもとにスカウトされるので、当然キャリア形成をしっかりとしておかないと中々スカウトされづらいこともあります。

なお、この記事で紹介したヘッドハンティング会社は、ほとんどがこの登録型ヘッドハンティング会社です。

>>ヘッドハンティング会社に登録してみる

サーチ型ヘッドハンティング会社

サーチ型ヘッドハンティング会社は、登録窓口を設けていないヘッドハンティングの形態です。

企業(経営者や人事部長など)の依頼をもとに、ヘッドハンターがコネクションや様々なネットワークを駆使して人材をサーチし、スカウトするというスタイルです。

その後、一般的にはそのヘッドハンティング会社に登録し、転職をするという流れです。

まずは登録型ヘッドハンティング会社を利用

以上の特徴を踏まえ、まずは登録型ヘッドハンティング会社を利用しましょう。

サーチ型はまずスカウトされなくては利用できないため、待ち続けるのでは少々スピード感と確実性に欠けます。

反面、登録型ヘッドハンティング会社の場合は自分で登録してスカウトを待つので、サーチ型より積極的な転職活動ができます。

>>登録型ヘッドハンティング会社をみる

Point! ▶
よりスピーディーに転職を成功させたい方は、転職エージェントの併行利用もおすすめです。

転職エージェントを利用すると、担当エージェントが転職活動を徹頭徹尾、無料でサポートしてくれます

【関連記事】
転職エージェントおすすめランキング
転職サイトおすすめランキング

ヘッドハンティング会社を選ぶ基準

ここでは利用するヘッドハンティング会社を選ぶときの基準をいくつか解説します。

利用するサービスをきちんと選ばないと、後の転職活動に影響します。

効率よく転職活動を進めるためにも、この章の内容を参考にヘッドハンティング会社を選んでみて下さい。

ヘッドハンターの質は高いか

ヘッドハンティング会社を利用した転職の際、ヘッドハンターの質は転職成功率に大きく影響します。

ヘッドハンターの質を測る具体的なポイントとしては、以下のようなものがあります。

ヘッドハンターの見極め方

  • 業界に詳しいか
  • ヘッドハンターとしての経験値
  • あなたとの相性

これらのポイントを頭に入れ、利用するヘッドハンティング会社を選びましょう。

しかしこれらのポイントは相対的なものなので、判断しづらいと感じる方もいるかと思います。
そこでおすすめなのは、ヘッドハンティング会社の複数登録です。

複数登録することで、各ヘッドハンティング会社のヘッドハンターを比較しながら利用できます。

ぜひこの記事でご紹介したヘッドハンティング会社の中から、最低でも2~3社以上は登録しましょう。

>>ヘッドハンティング会社に登録する

自分の希望や状況に合った会社か

ヘッドハンティング会社にも、強い分野や特化している分野、ターゲット層があります。

あなたの希望や条件に合わせたヘッドハンティング会社に登録すると、その分スカウトのされやすさも上がります。

そのため「転職成功率を上げたい、スムーズな転職を実現したい」という方は、あなたの希望や状況に合ったヘッドハンティング会社かどうかといったポイントでも選んでみましょう。

この記事では、条件別でもヘッドハンティング会社をまとめているので、ぜひそちらも参考にしてください。

>>条件別ヘッドハンティング会社一覧

求人数は十分か

求人数は十分かどうか、という視点も重要です。
求人数が多いヘッドハンティング会社を利用すれば、あなたの希望する条件に合致するお仕事のスカウトを受けられる確率が上がります

また、求人数の多さは信頼の厚さの証拠でもあります。

求人掲載には、資金が必要です。
そのため、信頼がないヘッドハンティング会社に対して、企業は多額の資金を投じてまで求人を載せないことが多いということです。

逆にとらえると求人数が多いヘッドハンティング会社は信頼が厚いといえます。

>>求人数が多いヘッドハンティング会社

信頼できるヘッドハンティング会社か

ヘッドハンティングを装って悪質な詐欺行為を行っている業者が存在しています。

主にサーチ型に多いパターンで、ヘッドハンティング会社を騙って高額なセミナー料金をだまし取るなどの手口があります。

ヘッドハンターから電話がかかってきた際、少しでも怪しいと感じたらそのヘッドハンティング会社には登録せずに無視しましょう。

>>信頼できるサーチ型ヘッドハンティング会社

外資系か日系か

ヘッドハンティング会社は外資系と日系、両方存在しています。

外資系であれば当然、外資系企業への転職に強みを持ちます。
この記事で紹介したヘッドハンティング会社の中ではランスタッドなどが該当します。

また日系の場合、日本企業との結びつきが強かったり、日本の雇用環境や制度を熟知しているなどの強みを持っています。
この記事の中では、リクルートダイレクトスカウトなどが該当します。

ご自身のキャリアプランなどを考慮した上で、適切にヘッドハンティング会社を選んでみて下さい。

>>ヘッドハンティング会社一覧

ヘッドハンティング会社利用の強み

この章では、ヘッドハンティング会社を利用する強みやメリットについて解説します。

待つだけで転職活動できる

ヘッドハンティング会社に登録した後は、ヘッドハンターからのスカウトを待つだけで転職活動を行えます

現職が忙しくて転職活動に時間を割けないという方や、転職エージェントと合わせて使いたい方などにもおすすめです。

案件、求人のレベルが高い

ヘッドハンティング会社の求人は、cxoなどの経営者・エグゼクティブ層や、年収1,000万円クラスのものも多いです。

そのため、キャリアアップしたい方や自身の経歴に自信がある方は特にヘッドハンティング会社の利用がおすすめです。

転職サポートを受けられる

ヘッドハンティング会社の中には、転職エージェントのような転職サポートを行っている会社もあります。

転職経験が少ない方であっても、安心して転職活動を進めることができるので、大きな強みといえます。

>>おすすめヘッドハンティング会社一覧

ヘッドハンティング会社利用の注意点

ここからは、ヘッドハンティング会社を利用するときの注意点を解説します。

きちんとポイントを確認し、失敗しないように転職活動を進めましょう。

スカウトと採用決定は違う

スカウトと採用決定は同じではないということに注意しましょう。

基本的にスカウト後は何度か面談をしてから、採用決定という流れです。

そのため、スカウトされたからといってすぐに現職を退職するのはリスク管理の観点からおすすめできません。

求職者によってはスカウトされづらいことがある

求職者のスキルや経験、実績などによっては、どんなに優秀な方でもスカウトされづらいということを留意してください。

これは、ヘッドハンティング会社が扱う求人のメインターゲットがcxoなどの経営者・エグゼクティブ層や、年収1,000万円クラス、特殊なスキルなどが必要なポジションの人だからです。

もしこれらに当てはまらないようであれば、転職エージェントの利用も視野に入れると良いでしょう。

転職エージェントを利用すればヘッドハンターからのスカウトを待ちつつ、積極的な転職活動もできます。

【関連記事】
転職エージェントおすすめランキング
転職サイトおすすめランキング

詐欺の場合もある

サーチ型ヘッドハンティング会社は、独自のネットワークから企業が求める人材の情報を得て、連絡をするということはご説明した通りです。

しかし、サーチ型ヘッドハンティング会社を装った詐欺には注意です。

これはヘッドハンターを装って、連絡をした相手の個人情報を入手することが目的です。

もし怪しいと感じたらヘッドハンターに詳しく、「なぜ自分がスカウトされたのか、自分のどういった点を評価したのか」などを尋ねるようにしましょう。

ヘッドハンティングされやすい人の特徴3選

ヘッドハンティング会社の求人は好条件のものも多いですが、スカウトされなくては意味がありません。

そこでこの章ではヘッドハンティングされやすい人の特徴をご紹介します。

特殊なスキルや経験がある

特殊なスキル・経験を持つ人は、スカウトされやすい人の特徴です。

特殊なスキルの例でいえば「使える人が少ないプログラム言語を扱える」「語学能力に長けている」などです。

また、特殊な経験でいえば「海外駐在経験あり」「目立った営業成績を上げた」などです。

管理職やcxoなどの経営者・エグゼクティブ層

一般にはあまり出回っていない管理職やcxoといった経営者・エグゼクティブ層の求人ですが、ヘッドハンティング会社が扱う求人はそれらのハイクラス求人が主です。

そのため、自然とそれらのポジションに就いている人はヘッドハンティングされやすいです。

人脈が広い

社内外での人脈が広い方はヘッドハンティングされやすいです。

これはネットワークが広い分、ヘッドハンターのサーチにかかりやすいためです。

イベントに参加して積極的に社外のつながりを増やしたり、SNSなどで活動をすることでも人脈を広げることができます。

ヘッドハンティング会社利用の流れ

ここではヘッドハンティング会社の利用の流れを、詳しく解説します。

ヘッドハンティング会社利用の流れ
  1. ヘッドハンターからのスカウト
  2. ヘッドハンターとの面談
  3. 人事など企業の担当との面談
  4. 内定・条件交渉

ヘッドハンターからのスカウト

ヘッドハンターからのスカウトがあります。

メールまたは電話が基本で、その際ヘッドハンターとの面談日時の調整をします。

ヘッドハンターとの面談

スカウトされた際に設定した日時に、ヘッドハンターとの面談をします。

場所はホテルのラウンジやカフェなどが多く、プライバシーが確保されます。

このとき初めて、案件に関する詳しい情報が伝えられます。

人事など企業の採用担当との面接

スカウト内容に興味を持ったら実際に面接に進みます。

面接回数や採用フローは案件にもより、複数回面接を重ねる場合もあれば初回でオファー面談といった形になることもあります。

内定・条件交渉

無事に内定を得たら、詳しい条件のすり合わせをします。

年収額などの交渉は、ヘッドハンターにサポートしてもらえる場合もあります。

話がまとまった後は、現職の退職手続きと新しい職場の入職準備をし、転職活動終了です。

>>おすすめヘッドハンティング会社

ヘッドハンティング会社に関するよくある質問

ここでは、ヘッドハンティング会社に関するよくある質問とその回答をまとめています。

若い人でもヘッドハンティングされる?

専門的な知識やスキルを持っている方であれば、若くてもヘッドハンティングされる可能性があります

確かに、ヘッドハンティングはハイクラス人材が主なターゲットである以上、自然とミドル層以上の方がヘッドハンティングされやすいという事実はあります。

しかし、DXブームなどの影響もあり、特にエンジニアなどは非常に重宝されているので、若い方でも専門スキルや実績が十分にあればヘッドハンティングされることがあります。

英語ができる人は有利?

英語ができる方は、ヘッドハンティングにおいて有利であるといえます。

グローバル化が進んでいる背景もあり、英語ができる人材が求められることが多くなっているためです。

また、外資系からのスカウトも選択肢に入ってくるので、単純に母数が増えるという点で有利になるということもあります。

人材紹介会社とは何が違うの?

企業から見た人材紹介会社とヘッドハンティング会社の主な違いは「報酬を支払うタイミング」と「人材のサーチ方法」です。

人材紹介会社の場合は企業が人材を採用して初めて報酬を支払いますが、ヘッドハンティング会社の場合、採用時の報酬とは別に、着手金を前もって支払っておくことが多いです。

また、人材紹介会社は自社に登録された人材の中から企業に紹介しますが、ヘッドハンティング会社の場合、登録された人材以外の転職を考えていない人材にもアプローチします。

ヘッドハンティング会社は無料で利用できる?

求職者は基本的に無料でヘッドハンティング会社を利用できます

しかし、中にはビズリーチのように有料プランが用意されている場合もあります。

ヘッドハンターから電話・メールが来たら?

詐欺でないことを確認した後は、まずは話だけでも聞いてみましょう。

詳しい案件内容は最初の面会で聞かされますが、思わぬ年収アップ、キャリアアップの機会になるかもしれません。

突然ヘッドハンターから電話やメールが届くと怪しむ気持ちも理解できます。

基本的にヘッドハンターは、インターネット上に公開されている情報などをもとに合法的な方法でスカウトしていますが、中には詐欺などの悪質なケースもあるので注意しましょう。

「詐欺かも?」「怪しい」と感じたらこちら

おすすめヘッドハンティング会社ランキングまとめ

ここまで、おすすめのヘッドハンティング会社をランキングにまとめてご紹介し、注意点や利用の流れなども解説してきました。

ヘッドハンティング会社は登録するだけで転職活動ができますが、ヘッドハンターからのスカウトが来るのを待つ少々受動的な転職方法です。

そのため、転職を急ぎたい方や、求人を自分で吟味して転職活動したいという方は、転職エージェント・サイトの同時利用がおすすめです。

おすすめの総合型転職サイト

サービス 求人数 コメント
doda 約122,000件 業界トップクラス
非公開求人も多数
リクルート
エージェント
約126,100件 転職支援実績No.1
非公開求人も多数!
パソナ
キャリア
約40,000件 3人に2人が年収UP
女性専門チームが
転職をサポート!

※求人数:2022年1月時点

>>転職エージェントおすすめランキング
>>転職サイトおすすめランキング

この記事を参考に、ぜひあなたに合ったヘッドハンティング会社に登録してみて下さい。

>>ヘッドハンティング会社ランキングをみる

参考文献
厚生労働省
転職活動を始めてから直前の勤め先を離職するまでの期間
職業紹介事業の概要
平成27年転職者実態調査の概況
労働市場における雇用仲介の現状について
今後の労働市場動向について
採用選考に関するアンケート
自己都合による離職の理由別転職者割合
職業生涯を通じたキャリア形成
転職活動の際にキャリア・プランを上手にアピールする方法
しょくばらぼ
おしごとアドバイザー
労働法制の動向

内閣府
多様化する職業キャリアの現状と課題
働き方の変化と経済・国民生活への影響
ワーク・ライフ・バランスに関する意識調査」結果速報について
就職生活に関する意識
転職が特になる国、ならない国
女性のライフプランニング支援に関する調査結果概要〜30代・40代女性のライフコース選択の希望と現実〜

独立行政法人労働政策研究・研修機構
新型コロナが雇用・就業・失業に与える影響
中高年齢者の転職・再就職調査
就労等に関する若者の意識
入職初期のキャリア形成と世代間コミュニケーションに関する調査
転職市場における人材ビジネスの展開

経済産業省
大都市圏の早期離職者等と地方の中堅・中小企業とのマッチングを促進するための 新たな取組と 政府等による関連支援策等について

総務省統計局
雇用者(正規・非正規の職員・従業員の動向など)