「どの介護士転職サイトを利用すべきかわからない」と悩んでいる介護士の方は、多いのではないでしょうか?

介護士転職サイトは世の中にたくさん存在しており、それぞれサービスの特徴が異なります。どの転職サイトを使うか悩んでしまうことは当然のことでしょう。

そこで、この記事では、どの転職サイトを利用すべきか迷っている介護士の方に向けて、「おすすめの介護士転職サイト」をランキング形式でご紹介していきます。

また、介護士転職サイトを利用するメリット・デメリットも詳しくご紹介していきますので、是非参考にしてみて下さい。

記事の目次

介護士転職サイトを選ぶ3つの基準

介護士転職サイトには様々な特徴があり、選ぶのに苦労する事が多いでしょう。

そんな介護士転職サイトを選ぶ際に重要な3つの基準をご紹介いたします。
>>おすすめの転職サイトを見る

介護士転職サイトを選ぶ3つの基準
・求人は充実しているか
・求人の質が高いか
・サポート力が高いか

上記の3点を意識するだけで、転職サイトの見え方が変わってきますので、是非、これらの基準を参考に転職サイトを比較していきましょう。

それぞれ詳しくご紹介していきます。

求人は充実しているか

第一に「求人数の多い」転職サイトを選ぶように意識しましょう。
選ぶ求人の選択肢が多ければ多いほど、より魅力的な求人に出会える可能性は高まります。

介護転職で言うと、総合で10,000件以上の求人数を有している転職サイトを利用すると良いでしょう。

また、求人数以外にも、一般には公開されていない「非公開求人が豊富かどうか」も意識してみて下さい。
特に「エージェント型」転職サイトの場合は、非公開求人が存在している事が多いです。

大手企業の求人や好条件の求人が多いため、非公開求人を多く有している転職サイトを狙うことをオススメします。

求人の質が高いか

「求人の質が高いか」も転職サイトを見極める重要なポイントです。

好条件の求人が多ければ、その分、あなたが満足のいく転職ができる可能性が高まります。

見極めるポイントとしては、実際に公式サイトから求人を調べてみると良いでしょう。
「低すぎる年収額」や「過酷な労働条件」が多く提示されている転職サイトは、避けたほうが懸命です。

各転職サイトの評判や実際の口コミ等もを判断する材料となります。

サポート力が高いか

「エージェントの方から適切なサポートを受ける事ができるか」も選ぶ基準としてみて下さい。

「エージェント型」であれば、担当者がどの範囲までサポートしてくれるのか、「サイト型」であれば転職ノウハウ等のコンテンツが充実しているかを確認してみて下さい。

逆に、「サポートが手厚すぎてややこしい…」という場合もありますので、その転職サイトがどこまでサポートしてくれるのかを見極める事が大切です。

サポートの質は、公式サイトや口コミ・評判などで判断可能ですので、しっかりと参考にして下さい。

介護士におすすめ|転職サイト・エージェントランキング

ここからは、早速、介護士におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式でご紹介していきます。

それぞれ転職サイトには特徴があり、受けられるサービスも異なります。

サービス内容をよく理解して、「自分の最適な転職サイトかどうか」をご自身で判断してみて下さい。

13社の介護士転職サイトを紹介していきます。

1位:マイナビ介護職

マイナビ介護職

こんな介護士におすすめ

  • 細かい条件で探したい
  • 転職が初めてで相談したい
  • 丁寧なサポートを受けたい

マイナビ介護職は、業界最大手のマイナビグループが運営している介護特化型の転職サイトです。

「求人数が多い」「高条件の求人が多い」「転職が初めての方でも安心」と評判が高く、多くの介護転職者から支持を得ています。

転職サイトも使いやすいと高評判であり、例えば「年収500万円以上」「未経験でも可能」「駅から徒歩10分以内」「好条件の夜勤あり求人」など、細かく条件を指定して探すことが可能です。

また、介護士転職に特化したキャリアアドバイザーがサポートしてくれるので転職初心者にもおすすめできる転職サイトです。

求人数 37,208件
総合評価
対応エリア 北海道・宮城・東京・神奈川・千葉・埼玉・群馬・茨城・岐阜・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・広島・岡山・福岡
公式サイト https://kaigoshoku.mynavi.jp/

口コミアイコン
20代女性(介護士)

転職未経験の私でしたが、マイナビ介護職さんを活用して希望の職場へ転職することができました。
利用してみて思ったのが、特にフォロー体制がしっかりと整っているなと感じました。

例えば、履歴書の書き方から面接練習まで、転職に関して不安なことは、徹底的にサポートしてくれます。
転職後にも、「現在の職場に不満はないか」などのサポートがあり、本当にありがたかったです。

介護士で転職が未経験の方には、是非おすすめしたいサービスです。

2位:MC介護のお仕事

MC介護のお仕事

こんな介護士におすすめ

  • 安心して利用したい
  • スピード感早く転職したい
  • 多様な働き方から選びたい

MC介護のお仕事は、株式会社メディカル・コンシェルジュが運営している、介護に携わる方を支援する転職サイトです。
求人情報やキャリアコンサルタントの機能だけでなく、人材紹介・人材派遣など、多種多様な働き方を提案してくれる所もMC介護のお仕事の特徴です。

全国的に対応エリアも拡大しているため、地方での介護士求人を探している方にとっても、おすすめの転職サイトだと言えるでしょう。

登録自体は、30秒で済ませることができ、エージェントも臨機応変に対応してくれます。
スピード感早く転職活動を進めたい方は、是非登録して活用してみることをおすすめします。

求人数 11,000件
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://mc-kaigo.net/

口コミアイコン
30代女性(介護士)

MC介護のお仕事を利用して、実際に転職しました。
他にも介護士転職サイトをいくつか試しましたが、MC介護のお仕事が一番エージェントの質が高かったです。

丁寧なヒアリングから選考のサポートまで、一括でスピーディに対応してくれました。転職者側からしてみれば、かなり大きな支えになりました。
求人数が多く、選ぶ選択肢がたくさんあったのもプラス評価です。

3位:ジョブメドレー介護

ジョブメドレー介護

こんな介護士におすすめ

  • 多くの選択肢の中から探したい
  • 自分に合った求人がわからない
  • 気軽に利用したい

ジョブメドレー介護は、医療・介護業界の転職に特化した大手転職サービスです。

一番の特徴は7万件を超える求人数であり、幅広い選択肢から介護職を見つけ出すことができます。
「都道府県別」「職場別」「施設別」など、様々な条件で求人検索ができるため、利用者からも「サイトが使いやすい」と高い評判を得ています。

また、会員登録をすると、その中からあなたに最適な求人が紹介される「スカウトサービス」も利用することができるため、「自分に合った求人がわからない」という方にも、おすすめです。

キャリアサポートも行っており、転職活動で生じる不満を気軽に相談することが可能です。
転職活動を初めて行う方にとって魅力的なサービスでしょう。

求人数 約75,000件
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://job-medley.com/hh/

口コミアイコン
30代女性(介護士)

求人数が他の転職サイトより多く、比較的多くの選択肢を持って、転職をすることができました。

私自身、地方エリアでの勤務を希望していたので、全国各地に求人が多く存在するジョブメドレー介護は、非常に役に立ちました。

数ある求人の中で「自分に合った求人がわからない」と最初は思っていたのですが、スカウト機能を活用することによって、解決できました。
なんとなく転職をしたいと考えている介護士の方におすすめだと思います。

4位:きらケア介護求人

きらケア介護求人

こんな介護士におすすめ

  • リアルな職場情報を聞きたい
  • 長く働ける職場に転職したい
  • 未経験OKな求人を探している

きらケア介護求人は、レバレジーズメディカルケア株式会社が運営している介護転職に特化した転職サイトです。

きらケア介護求人では、職場のリアルな情報を届けることを意識しており、「離職率」「人間関係」など求人に関するネガティブ要素も、そのまま紹介しています。
そのため、きらケア介護求人を利用した方は、転職後も離職率が低く、安定して働けている方が多いです。

介護転職に特化した専任アドバイザーの方が、転職活動を総合的にサポートしてくれるため、納得の行く転職活動を進めることができるでしょう。

未経験・無資格の方でもOKな求人も多く存在しており、全ての介護士におすすめできる転職サイトです。

求人数 89,130件
総合評価
対応エリア 北海道、宮城県、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木、群馬、愛知県、静岡県、大阪府、京都府、奈良県、兵庫県、広島県、福岡県
公式サイト https://job.kiracare.jp/

口コミアイコン
30代男性(介護士)
きらケア介護の特徴は、本音で転職先のことを教えてくれる点だと思います。
「転職後にギャップが生じてすぐに辞めてしまわないように、職場の雰囲気をありのままに伝えている」と担当の方は言っていました。

個人的には、かなり良心的なサービスだったと思いますし、多くの実績もあるので、安心して利用することができました。

5位:ミラクス介護

ミラクス介護

こんな介護士におすすめ

  • 安心できるサービス良い
  • 介護士未経験の方
  • ブランクがあって不安

ミラクス介護は、株式会社miraxsが運営している介護士向け転職サイトです。
株式会社miraxsでは、介護業界以外にも保育・看護業界にも転職サービスを広げているため、基盤が整っており、安心して利用することができるでしょう。

「介護職が未経験、ブランクがあって転職できるか不安」という方には、ミラクス介護がおすすめです。

キャリアコンサルタントのサポートも充実しており、求人探しから選考対策まで、一貫して専任の担当者がサポートしてくれます。
実際に口コミ・評判を見ていくと好評価な口コミが多く、たくさんの介護士の方から支持を得ていることがわかります。

求人数 89,130件
総合評価
対応エリア 北海道、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県
公式サイト https://kaigo.miraxs.co.jp/kaigo

口コミアイコン
20代女性(介護士)

口コミ・評判を見ても高い評価が多く、ミラクス介護を活用しました。

実際に利用してみましたが、業界大手の転職サイトというだけあって、キャリアコンサルタントの方の対応も丁寧で安心して利用することができました。

「年収をアップさせたい」という私の希望条件に合った求人を紹介してくださり、感謝しかないです。

6位:かいご畑

かいご畑

こんな介護士におすすめ

  • 介護業界が未経験である
  • 介護系資格を取得したい
  • 希望条件が明確である

かいご畑は、無資格・未経験の介護士の方にもおすすめできる介護士転職サイトです。

全国各地に求人が存在するため、地方エリア在住の介護士にもおすすめできます。

特に細かい希望条件による求人選びが可能であり、「高時給」「週3日」「日勤のみ」など転職者の希望条件に合わせて、求人に申し込むことができます。

働きながら0円で介護資格を目指すことができる「キャリアアップ応援制度」もあるため、スキルアップしたい要望にも答えることができます。

求人数 10,090件
総合評価
対応エリア 北海道、群馬、埼玉、千葉、東京、神奈川、茨城、栃木、山梨、岐阜、静岡、愛知、三重、京都、大阪、兵庫、滋賀、和歌山、岡山、奈良、福岡、佐賀、広島、山口
公式サイト https://kaigobatake.jp/

口コミアイコン
30代男性(介護士)

かいご畑の特徴は、様々なサポートを受けることができる点だと思います。

特に私は「キャリアアップ応援制度」を活用し、介護資格を取得しました。無資格だった私にとって、かなり参考になりましたし、実際に転職の際に役に立ちました。

他にも、コンサルタントに相談や面接対策をしてもらったりと、かなり支援していただきました。

7位:介護ワーカー

介護ワーカー

こんな介護士におすすめ

  • 幅広い選択肢の中から選びたい
  • 地方エリアで職を探している
  • 内部情報まで詳しく知りたい

介護ワーカーは、株式会社トライとキャリアが運営している、介護士特化型転職サイトです。

公開求人は72,000件、非公開求人18,000件とかなりの求人数を有しており、全国に対応しています。東京・大阪だけで見ると、約20,000件もの求人が見つかります。
地方エリアを見ても、それなりに求人数はあるので、地方在住の方にも利用しやすいサービスです。

また、介護ワーカーの特徴として、「求人を無理に押し付けない」「求人の内部情報を提供する」という2点が挙げられます。
転職者の方が満足の行く転職ができるよう、きちんと配慮がなされている転職サイトのようです。

実際に口コミ・評判を見ていても、高い評価のものが多く、納得のいく転職をすることができるでしょう。

求人数 10,090件
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://kaigoworker.jp/

口コミアイコン
40代女性(介護士)

介護ワーカーは、他の転職サイトと違って、押し付けがましい感じがしませんでした。気軽に相談もしやすかったです。
本当に自分に合った職場を選定して提案してくれたので、かなり役に立ちました。

結果的に新しい職場への転職にも成功し、年収も前職と比べて上昇しました。
若くないので転職は難しいかなと思っていたのですが、実際に転職することができ、本当に良かったです。

8位:キララサポート介護

キララサポート介護

こんな介護士におすすめ

  • なんとなく転職を考えている
  • 介護転職に関する知識を集めたい
  • プロに徹底サポートして欲しい

キララサポート介護は、キララサポート介護は、デイサービス等を運営しているモード・プランニング・ジャパンが運営している介護士向けの転職サイトです。

求人数こそ、他の介護士転職サイトと比べて劣りますが、介護転職のプロが最適な求人を紹介してくれます。

また、キララサポート介護の求人サイトでは、「生活タイプ別」に求人が特集されています。
例えば、「自分のペースで働きたい方向け」「もっと成長したい方向け」などのジャンルに分かれています。

明確に希望条件が決まっていない介護士の方にとって、使い勝手の良い転職サイトでしょう。
他にも、介護士転職に関する豆知識コンテンツが紹介されているため、非常に参考になります。

求人数 約5,300件
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://kirara-support.jp/kaigo

口コミアイコン
20代女性(介護士)

介護士転職を考え始めた時に、キララサポート介護さんを利用しました。
正直、最初の方は転職に関して何もわからない状態であったのですが、転職サイト内のコンテンツやコンサルタントと相談していく中で、転職の方向性を決めていくことができました。

コンサルタントの方は、とても丁寧にヒアリングから求人提案まで進めて下さりました、正直、コンサルタントのサポートがなかったら、スムーズに転職を進めることができなかったと思います。
全ての介護士におすすめできる転職サイトだと思います。

9位:カイゴジョブ

カイゴジョブ

こんな介護士におすすめ

  • なんとなく転職を考えている
  • 介護転職に関する知識を集めたい
  • プロに徹底サポートして欲しい

カイゴジョブは、介護・福祉業界の転職に特化した転職サイトです。

運営は株式会社エス・エム・エスが行っており、高齢社会に向けた様々な活動に取り組んでいる会社です。
全国4万を超える求人を保有しており、首都圏・地方エリアの両方に対応しています。

様々な検索方法で求人検索をすることができ、「都道府県」「職種」「こだわり条件」といった条件で探すことができます。
特に人間関係を重要視した求人が豊富であり、転職後も働きやすい職場の提案を行っています。

求人数 56,000件
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.kaigojob.com/

口コミアイコン
30代女性(介護士)

とにかく求人の質が良いと感じました。年収や職場環境が好条件の職場が多かったです。

実際にコンサルタントの方が、職場の実情。雰囲気を教えてくれるため、その職場で働いた後のイメージがしやすかったです。

実際に転職後にも、イメージと相違なく働けています。

10位:ウェルクルー

ウェルクルー

こんな介護士におすすめ

  • 的確なアドバイスをもらいたい
  • 介護転職に詳しくなりたい
  • 非公開求人を活用したい

ウェルクルーは、介護従事経験者である株式会社クラピスが運営する、介護士向けの転職サイトです。

ウェルクルーでは、ウェルクルー独自の「エージェント型」サービスである「WellCrew Support」という転職エージェントも展開しています。
実際の介護業界経験者がコンサルタントとして転職者を支援してくれるため、転職に関して的確なアドバイスを受け取ることができます。

また、サイト上に公開されていない「非公開求人」も豊富に取り扱っているため、他の転職者よりも有利に転職活動を進めることができるでしょう。

求人数 5,335件
総合評価
対応エリア 東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県、関西、大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県、和歌山県、東海、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、北海道、北海道、東北、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、甲信越・北陸、長野県、新潟県、山梨県、富山県、石川県、福井県、中国、広島県、岡山県、山口県、島根県、鳥取県、四国、香川県、愛媛県、徳島県、高知県、九州・沖縄、福岡県、熊本県、鹿児島県、長崎県、大分県、佐賀県、宮崎県、沖縄県
公式サイト https://wellcrew.net/

口コミアイコン
20代女性(介護士)

介護業界の経験者が、的確なアドバイスをくれるため、非常に参考になりました。
志望動機や転職理由に関して、細かく指摘してくれたおかげで、無事に内定をもらうことができたと思っています。

私の場合、転職が初めてで不安な気持ちが強かったのですが、コンサルタントのサポートのおかげで安心して転職活動を進めることができました。
求人数については、もう少しあったらなと思いました。

11位:介護求人ナビ

介護求人ナビ

こんな介護士におすすめ

  • 転職が初めてである
  • 幅広い選択肢を持ちたい
  • 介護士派遣にも興味がある

介護求人ナビは、介護業界の転職・派遣に特化した転職サイトです。

公式サイト上では、介護転職に役に立つ「転職ノウハウ」や実際の転職経験者による「面接レポート」、職種の平均給与がわかる「給与データ」を閲覧することができるため、転職サイトを見るだけでも非常に参考になります。

また、16の職種求人を取り扱っており、「介護職」はもちろん、「ケアマネージャー」「リハビリ系」「看護職」まで幅広く取り扱っています。

介護職だけでなく、色んな選択肢も考慮した上で、転職活動を進めていきたい方には、介護求人ナビはおすすめです。

求人数 約42,000件
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.kaigo-kyuujin.com/

口コミアイコン
20代男性

介護求人ナビを利用してみて、視野が広がったと思います。

これまで介護職ばかりしか見ていませんでしたが、「リハビリ職」や「看護職」といった職種も提案してくれたのが驚きでした。
求人数も全体的に多く、登録してみて良かったなと思います。

公式サイトでは、介護士の平均給与や転職のコツなども見ることができたので、よく参考にしていました。
私のような転職初心者にはおすすめです。

12位:e介護転職

E介護転職

こんな介護士におすすめ

  • 自分1人で転職を進めたい
  • 事務職や他の職種にも興味がある
  • 大手企業(施設)も考えている

e介護転職は、全国に約7万の求人を有する介護士転職サイトです。

1999年から介護事業に力を入れている株式会社ベストパーソンが運営しています。
介護事業を経験している会社が運営しているため、介護転職に関するノウハウや知見も優れており、転職初心者の介護士でも情報収集をしながら、転職活動を進めていくことができます。

ただし、エージェント型のサービスではなく、一人で転職活動を行う必要があるため、注意して下さい。

求人の中には、大手企業の求人も取り扱われており、大手に転職したい介護士にもおすすめできる転職サービスです。

約7万件もの求人を取り扱っているため、職種も豊富に存在しています。
例えば、「介護施設の事務職」「送迎ドライバー」など、転職先の選択肢を広げて、求人探しをすることができます。

求人数 約70,000件
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川・新潟・富山・石川・福井・山梨・長野・岐阜・静岡・愛知・三重・滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山・鳥取・島根・岡山・広島・山口・徳島・香川・愛媛・高知・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.ekaigotenshoku.com/?2b

口コミアイコン
20代女性(介護士)

転職サイト上の情報がすごく参考になります。
介護士転職が未経験な私にとって最適な情報が網羅されていて、自分1人で転職活動を行っていくのに役立ちました。

求人情報に関して不満があるとすれば、少し求人情報の内容が足りないかなと思いました。

13位:しろくま介護ナビ

しろくま介護ナビ

こんな介護士におすすめ

  • 夜勤は避けたい
  • ホワイトな職場に転職したい
  • ライフスタイルに合わせて働きたい

しろくま介護ナビは、株式会社サクシードが運営している介護転職に特化した転職サイトです。

元々は、ハートフル介護士という転職サイトでしたが、2019年4月に「しろくま介護ナビ」と改名し、リニューアルされました。

しろくま介護ナビの特徴として、ホワイト施設求人が多いという所が挙げられます。
「有給取得がしやすい」「残業がしやすい」ような職場であることが多く、転職者にとって、理想の職場を紹介しています。

特に介護職は夜勤が多く、厳しい労働環境である所が多いため、ホワイトな求人の紹介は、非常に役に立つでしょう。

ライフスタイルを重要視している介護士さんは、是非活用してみて下さい。

求人数 非公開
総合評価
対応エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉
公式サイト https://www.heartful-kaigoshi.jp/

口コミアイコン
30代男性(介護士)

「紹介される求人がホワイト」と評判だったので、半信半疑の気持ちで利用してみましたが、実際に本当に求人の質は良かったです。

前職では夜勤を任されることが多く、夜勤がない職場での転職を希望としていましたが、実際に15社程、私の希望条件の求人を紹介してくれました。
結果的に現在は、夜勤なしの施設で働くことができ、ワークライフバランスが向上しました。

ただ、エリアが首都圏に限定されている点が、少し残念かなと思います。

介護士転職サイトを利用するメリット

ここまでで、介護士におすすめの転職サイト・エージェントをランキング形式でご紹介していきました。
利用すべきか否か、各転職サイトの評判を確認した上で、判断して下さい。

この章では、介護士転職サイトを利用するメリットをご紹介していきます。

メリットを把握した上で活用すると、より効果的に利用する事ができるでしょう。

専任のエージェントが無料でサポート

まず一番の大きなメリットとして、介護転職に特化した専任のエージェントがあなたの転職を「無料で」サポートしてくれるという点です。

転職サイト・エージェント側は、転職先である企業から報酬をもらい、転職者を支援しています。
そのため、転職者側は、無料で転職サポートを受ける事ができるのです。

転職者側にとってはメリットしかないため、しっかりサポートしてくれる転職エージェントのサービスであれば、なるべく利用することをおすすめします。

求人数が多く選択肢が増える

「求人数が多く、選択肢が増える」というのも介護士転職サイトを利用するメリットです。
求人数が多いと、その分、多くの選択肢から転職先を選択することが可能です。

また、転職サイトによっては、非公開求人も紹介してくれることもあるため、他の転職者よりも有利に転職活動を進めることができるでしょう。

非公開求人は転職サイトによって異なるため、2〜3社の転職サイトに登録しておくとより多くのお仕事を探すことができます。

書類・面接対策を受けることができる

「書類添削・面接練習ができる」こともメリットです。

面接の本番前に、エージェントとの模擬面接を事前に行うことで、話す内容がより明確になり、本番での緊張も薄れるでしょう。

また、転職サイトを担当者によっては、「推薦状」を書いてもらう事もできます。
推薦状では、エージェントである第3者が客観的に評価をしてくれて、それを企業側に送ってくれます。

詳細条件で検索が可能

転職サイトでは、詳細な条件で求人を検索することができます。

例えば、ミラクス介護では、「都道府県別」「職種別」「雇用形態別」「施設形態別」「フリーワード検索」などの条件に絞り、ご自身に最適な求人を探す事が可能です。

「各病院ごとのHPから登録」や「友人の紹介」で探す場合と比べて、自分に最適な求人が手軽に探せる事ができます。

もし「転職エージェント」に登録する予定がなかったとしても、転職サイトだけ上手く活用する手もあります。
>>おすすめの介護士転職サイトに戻る

介護転職サイトを利用する デメリット

ここからは、介護転職サイトを利用するデメリットをご紹介していきます。
転職サイトの利用には、メリットもある一方、デメリットもある程度存在します。

メリット・デメリットの両方を把握した上で、上手く活用していく事が重要です。

地方の求人が少ない

デメリットの1つとして、「地方の求人が少ない」点が挙げられます。
大手の転職サイトでは、地方の求人も扱っている所も多いですが、首都圏と比べた場合、どうしても求人数が劣ってしまいます。

そして、求人数が少ない分、「希望の条件の求人を見つけられない」という事になりかねません。
希望条件の求人を見つけるためにも複数の転職サイトに登録しておくことをおすすめします
2〜3社の転職サイトに登録しておくと求人数もカバーしつつ、サイトの使いやすさや担当者との相性も確かめることができます。

ミラクス介護
介護ワーカー

といった介護士転職サイトの求人は全国対応であり、地方エリアの求人数も比較的多いため、地方エリアで転職したいという方にもおすすめできます。

担当者と合わない場合がある

稀に、専任エージェントが自分に合わない場合があり、それが転職活動の妨げになってしまうこともあります。

合わない理由としては、「希望条件に合わない求人の紹介」「連絡頻度」などが多いです。

自分に合った担当者に転職をサポートしてもらうためにも

  • 複数の転職サイトを併用する
  • 担当者を信用しすぎない
  • 担当者の変更も視野に入れておく

という3点を意識しておくと転職活動がスムーズに進みますよ。

介護士が転職で失敗しないために

転職してすぐにまた転職を考えている…
転職活動で失敗してしまうとそんなことになりかねません。

介護士として働く方が転職で失敗しないために注力すべき3つのポイントをご紹介していきます。

納得のいく転職をするためにも、以下のポイントをチェックしておきましょう。

働く条件を明確にする

働く条件を明確にしておくことは、介護士が転職する際にかなり重要です。

条件を定めないまま求人を探してしまうと、転職先を探すだけでかなり多くの時間がかかってしまいます。

また、希望の条件を曖昧なまま転職先がきまったとしても、転職後にあやふやな気持ちが残ってしまうことも。
しっかりと自己分析を行い、条件をクリアにしておきましょう。

以下は、介護士が転職先を選択する際に、重要視していたポイントです。是非、参考にしてみて下さい。

介護士転職|重要視しているポイント

  • 通いやすさ
  • 給与やボーナス、福利厚生
  • 職場の雰囲気
  • 資格・研修制度
  • 有給取得率
  • 土日休み
  • 雇用形態

転職理由・志望動機を明確にする

面接の際に、一番聞かれる事が「転職理由」「志望動機」です。
企業は、あなたがなにを提供できるのか、なにを求めているかを判断します。

整理できていないまま伝えても企業の採用担当者にも伝わりません。
数多くの応募があるなかであなたの志望動機が目にとまることもなく書類審査で落とされる可能性もあります。

転職理由や志望動機を整理するには、転職エージェントの利用がおすすめです

転職エージェントは、忙しいあなたの代わりに転職理由や志望動機を一緒に考えてくれます。

転職理由・志望動機を作り込む際、意識することは以下の通りです。

  • 転職理由:ネガティブな転職理由は避ける
  • 志望動機:転職先に自分が何を提供できるか意識する

まず、できるだけネガティブな転職理由は避けるようにしましょう。
特に給与や人間関係の理由で答えてしまうと、印象は悪くなってしまいます。
嘘はよくありませんが、ある程度、ポジティブな伝え方で転職理由を述べることをおすすめします。

また、志望動機に関しては、「自分がその職場に何を提供できるか」を意識すると良いでしょう。
>>介護職におすすめの転職サイトをみる

介護士転職サイトを併用する

自身が納得のいく条件で転職ができるように、介護士に特化した転職サイト・エージェントを併用する事をおすすめします。

介護士転職に特化した専任のエージェントが、あなたの転職活動を一括でサポートしてくれます。

1社だけの登録だと担当者との相性が合わなかったり、使いづらい場合があります。
まずは、2~3社程度の介護士転職サイトを併用してみて、自分に最適な転職サイトに絞って活用していくという流れが最適です。

介護士におすすめ|転職先の特徴

介護士におすすめな転職先の特徴をご紹介していきます。

好条件の求人を探すためにも、以下の3点を意識することが大切です。

  • 給与は希望条件に近いか
  • 教育制度が整っているか
  • 就業時間は適切か

給与が希望条件に近い職場

まず重要視するべき点が「給与」です。

厚生労働省によると、
・介護士の平均年収は「329万円」
・介護士の平均月収は「23.3万円」

と言われています。
参考:「平成29年賃金構造基本統計調査/厚生労働省」

この介護士の平均給与を大きく下回るような職場は、できるだけ避けたほうが良いでしょう。
逆に、給与が大きく上回るような職場も注意が必要です。
職場の雰囲気や人間関係、離職率などソフト面も教えてもらえる転職エージェントにしっかり聞いておきましょう。

その他にも、残業代・交通費に関しても、詳しく確認しておくと良いでしょう。

教育制度が整っている職場

次に重要視するべき点は、「教育制度が整っているか」です。
入社後研修やOJTもそうですが、会社の教育システムがどの程度整っているかを確認したほうが良いでしょう。

例えば、資格取得奨励制度であったり、先輩スタッフが教えてくれる「メンター制度」がついているかチェックする事も大切です。

ちなみに介護士の資格としては、以下が挙げられます。

  • ケアマネージャー
  • 介護福祉士
  • 介護職員初任者研修

資格取得や研修経験などによって、年収額も増加することもあるため、取得できるのであれば、取得しておきましょう。

長期的な視点も踏まえて、育成制度の整った職場に転職する事が重要です。

就業時間が適切な職場

「就業時間が適切か」もかなり重要なポイントです。
特に介護職の現場では人手不足が続いているため、残業時間が長くなってしまう職場も実際に多いです。

また、常勤に加えて夜勤・宿直勤務が必要とされる職場も存在します。

自分のワークライフバランスに合った職場に転職するためにも、就業規則や平均残業時間などについて、しっかりと確認をしておきましょう。

介護職の転職傾向

この章では、介護職の転職傾向をご紹介していきます。

近年、少子高齢化が進んでいることや体力が必要とされることなどから、介護士は人手不足の業界と言われています。
実際の数字と共に、介護士の転職市場の現状を確認していきましょう。

介護職員数の推移

厚生労働省のデータによると、2016年時点では「約183.3万人」が介護職員として従事しています。

10年前の2006年時点での介護職員数は「114.1万人」ですので、10年間で「約70万人」の介護職員が増加している事がわかります。

2006年度 114.1万人
2008年度 123.3万人
2010年度 142.7万人
2012年度 163.0万人
2014年度 176.5万人
2016年度 183.3万人

参考:介護分野の現状等について(平成31年3月)

データを見てみると、介護職員の数は右肩上がりで増えています。

介護業界の有効求人倍率

2016年の介護士の有効求人倍率は「3.02倍」となっています。

全職種の有効求人倍率は「1.36倍」であるため、介護士の有効求人倍率は高い水準であると言えます。

有効求人倍率とは
有効求人倍率とは、有効求職者数に対する有効求人の割合のことを指します。ここでの求人および求職は公共職業安定所、すなわちハローワークを通じたものに限られます。有効求人倍率を計算するためには、企業からの求人数をハローワークに登録している求職者の数で割ることで算出できます。
この有効求人倍率が1を上回っている状態が、求職者数よりも求人数が多いということになり、人手不足の状態ということになります。
これに対して有効求人倍率1を下回っている場合、求人数よりも求職者数が多い、つまり就職が困難な状態であると判断することができます。

介護職員の人数は年々増えているものの、有効求人倍率も年々あがっており、介護士の需要の高さが伺えます。
将来的にも、少子高齢化の影響で介護士不足は顕著になっており、今後も必要とされる職種です。

そのため介護士は比較的「転職しやすい職種」と言えるでしょう。

NGな介護士転職サイトとは

この章では、利用するべきではないNGな転職サイトを紹介していきます。

以下で紹介するような転職サイト・エージェントは、注意が必要です。

ヒアリングが雑である

担当コンサルタントやエージェントのヒアリングが雑である場合は、注意が必要です。
ノルマや自社利益のために、あなたに求人を紹介してくる可能性があるためです。

担当者と話していて、全然話を聞いてくれないなど「少し違うな」と違和感を感じたら、他の転職サイトを利用してみるなどの対策が必要です。
どうしてもその転職サイトを使いたい場合は、転職サイトに問い合わせてみましょう。
転職サイトによっては担当者を変更してくれる場合があります。

条件に合わない求人ばかり紹介してくる

条件に合わない求人ばかりを紹介してくる転職サイト・エージェントは、避けた方が懸命です。
条件にあっていない企業を紹介されたらまずは担当者に改めてあなたの希望を伝えましょう。
断る際に理由をしっかりつけて断ることも効果的です。

それでもしつこく紹介してくる場合は、
転職サイト側の利益だけを優先していたり、そもそも希望条件の求人を取り扱っていない可能性が高いため、
他の転職サイトを使ってみてください。

介護専門ではない転職サイト

介護職の転職では、介護職専門の転職サイトを使うことがおすすめです。

一般転職サイトでは、介護職の求人が少ないのに加えて、専任エージェントも介護業界に精通していない事が多いためです。
一方、介護士特化型転職サイトでは、以下のようなメリットが挙げられます。

  • 「介護専門転職サービスは、介護施設とつながりがある所が多い」
  • 「介護業界の専門性が高いエージェントがサポートしてくれる」

過去介護士として働いていた転職エージェントが多数在籍していることも。
介護職ならではの悩みも親身に聞いてくれます。

最大限メリットを享受するためにも、介護士転職に特化した転職サイトを利用する事がおすすめです。

介護転職サイト|利用の流れ

この章では、介護士転職サイトを利用する実際の流れについて紹介をしていきます。

流れのポイントを抑えて、効率的に転職サイトを活用できるようにしましょう。

公式サイトから登録をする

まずは、各介護士転職サイトの公式サイトから登録を完了してください。

登録する内容は、各転職サイトごとによりますが、多くの転職サイトでは以下の内容を登録します。

  • 氏名・年齢等の個人情報
  • 現在の職種
  • 現在の年収
  • 希望勤務地

2~3分で完了しますので、簡単に済ませましょう。

簡単なヒアリングを行う

簡単な個人情報を登録した後、担当のコンサルタントから電話かメールで連絡が来ます。
以下のような内容を簡単にヒアリングされます。

  • 転職希望時期
  • 希望職種
  • 希望年収

ヒアリング後は、次回のキャリアカウンセリングの日程を決定します。

担当者とカウンセリングを行う

実際に、対面もしくはリモート電話で、コンサルタントと面談を行います。
オンラインで完結できる派遣会社も
この面談では、「これまでのキャリアについての深堀り」と「転職後のプラン」「希望転職先」について聞かれることが多いです。

ヒアリングされた内容をもとに、コンサルタントが求人紹介を行うため、本音で伝えるようにして下さい。

今後、コンサルタントの方とは、長く転職活動を進めて行くことになります。
この段階で、「少し合わないな」と感じた場合には、使う転職サイトを変えてみるのも1つの手です。

おすすめ求人を紹介される

前回のカウンセリングの内容を受けて、コンサルタントが転職者の最適な求人を紹介してくれます。
数としては、大体10社~20社ほど紹介されることが多いです。

まずは、先入観を持たず各求人を見てみることをおすすめします。

各転職サイトが取り扱っている「非公開求人」は、この段階で紹介されることが多いです。

幅広い選択肢の中から転職先を選べるように、複数の転職サイトを利用しておくことをおすすめします

書類添削・面接対策をしてもらう

求人紹介された企業(施設)の中で、お気に入りの求人を見つけることができたら、その企業(施設)に応募をします。

応募する際には「職務経歴書」「履歴書」などを提出。志望動機や転職理由なども考えます。

なかなか書きづらいという場合には、転職エージェントを活用していきましょう。
介護転職に特化した転職のプロが書類の添削やカウンセリングを行ってくれます。

求人応募・面接対策

納得のいく職務経歴書・履歴書が完成したら、企業(施設)に応募をします。
その際、担当コンサルタントによっては、「推薦状」を一緒に送付してくれることも多いです。

転職者の魅力を客観的に伝えてくれるため、積極的に活用しましょう。

面接の日時設定は、コンサルタントが行ってくれます
また、面接の前にはコンサルタントと面接練習を行うことも可能です

しっかり準備して、面接に臨みましょう。

面接

実際に企業(施設)の方と面接を行います。

面接では、以下のような内容がよく聞かれます。

  • 介護職を志望した動機
  • 転職理由
  • その会社の志望動機

当日は緊張せずに落ち着いて、自分の魅力を伝えましょう。

内定・転職後サポート

面接が通ったら「内定」となります。
担当のコンサルタントが給与の交渉、入社日調整などを行ってくれます。

他にもコンサルタントは、「退職手続きのサポート」や「入社後サポート」も行ってくれます。

満足のいく転職ができるように、不安があれば、是非活用することをおすすめします。

介護転職サイト|効果的な活用法5選

転職サイトは利用すると多くのメリットがありますが、使い方を知らないとなかなか活用もできません。
この章では、介護士転職サイトを活用する際の効果的な方法をご紹介していきます。

エージェントサービスはできる限り活用する

エージェントを利用することで以下のようなサービスを受けることが可能です。

  • 書類添削
  • 面接練習
  • 非公開求人の紹介
  • 退職サポート
  • 入社後サポート

特に「非公開求人」は一般には公開されていない好条件の求人であることも多く、あなたにあったお仕事をエージェントが紹介してくれるため転職活動に最適です。

非公開求人を紹介してもらうためにはしっかりと希望条件やあなたのスキルを伝えておくことが重要です
非公開求人はあなたにあっているとエージェントが判断した場合に紹介されます。
こまめに連絡をしたり、返信をするなどやる気をアピールすることで紹介を勝ち取りましょう。

自分の経歴やスキルは正直に伝える

担当のコンサルタントには、自分のこれまでの経歴・スキル等は正直に伝えるようにして下さい。

カウンセリングの段階で経歴やスキルを偽ってしまうと、「面接で話の相違が生じてしまった」「入社後にスキルが無いのがバレてしまった」といった事態に成りかねません。

企業とコンサルタントの関係にも亀裂をいれてしまいかねないので、ありのままをコンサルタントに伝えようにして下さい。

担当が合わないと感じたら変更も検討する

転職エージェントサービスのある転職サイトの場合は、担当のコンサルタントがあなたの転職をサポートしてくれます。

担当コンサルタントはあなたの転職をサポートしてくれる二人三脚の存在です。
あなたにあった企業を紹介してくれたり、面接対策や選考書類を作成してくれます。
登録後、最初にカンセリングを行いますが、話していて「合わない」と感じた場合には、担当者の変更や転職サイトの変更をおすすめします。

一緒に仕事を探してくれるような信頼できる担当者を探すようにしましょう。

転職する意思を示す

転職する意思を示すことは、エージェントから質の良いサポートを受けるために重要なポイントです。

転職エージェントの仕組みは、転職者が転職に成功すると企業からお金が入る「成果報酬型のビジネスモデル」となっています。

そのため、「転職する気がない」と判断されたユーザーは、担当者から手のこもったサポートは受けづらいのが事実としてあります。

すぐに転職活動を進めたい方は、いつまでに転職を終わらせるつもりなど明確な期日を伝えておくことも有効です。
また「時期は決まっていないけど良い求人があれば転職したい」という方は、その旨を伝えておきましょう。
良い求人があれば今すぐにでも転職したい方には、良い求人を紹介してくれる可能性があります。

介護士転職に関するFAQ

介護士転職に関するよくある質問をご紹介していきます。

介護士が給与を上げるためにするべきことは何ですか?

介護士が給与を上げるためには、例えば、以下のようなことがおすすめです。

  • 資格取得を目指す
  • 役職を目指す

まず、資格に関してですが、資格の有無によって、年間約50万円~100万円ほどの差が出るようです。
そのため、年収を上げたい無資格者の方は、資格を取得できたほうが良いでしょう。
また今資格をもっている方もさらに上の資格取得の勉強をしておきましょう。

役職についても、同じく年収が増加する傾向にあります。
できる範囲が広がる介護福祉士実務者研修やケアマネジャーの資格をとっておくと良いでしょう。
また、部下への教育やマネジメントなどが上手くできれば、役職につける可能性も高まるはずです。

未経験可能な求人も本当に狙えますか?

介護士転職サイトで紹介されている求人の中には、「未経験でも可能」「無資格でも可能」といった求人があり、実際に多くの未経験の方が転職に成功しています

特に介護職は、人手不足の状態であるため、未経験でも必要とされることが多いのです。
「未経験だから…」と消極的にならずに、とりあえず求人を調べてみるなど行動に移しましょう。

未経験の方が転職に成功するには、介護業界に特化した転職エージェントを上手く活用することをおすすめします。

志望動機の書く際の注意点を教えて下さい。

転職をするにあたって、志望動機は転職成功を分ける、重要な要素です。
そのため、しっかりとした志望動機を作り込み、面接官に伝えていくことが必要です。

  • 転職理由をポジティブに伝える
  • どうやって貢献できるかを明記する
  • 積極性をアピ-ルする
  • 自分の言葉を用いて伝える

優れた志望動機を作るためには、以上のポイントを意識していきましょう。

特に「どう貢献できるかのアピール」と「積極性のアピール」は、評価されやすく、採用されるか否かを分ける分水嶺となります。

ブランク有りだと転職は難しいですか?

「介護職の転職傾向」でも述べたように、介護職は現在、相当な人手不足に陥っています。

そのため、多少のブランクがあっても、介護の実務経験を持つ人材は重宝される事が多いです。

未経験同様、ブランク有りでも、転職することはもちろん可能です。

介護士の派遣やパートの求人はありますか?

転職サイトによって有無はありますが、この記事で紹介している介護士転職サイトは、介護士派遣やパートの求人も紹介している事が多いです。

そのため、正社員以外の働き方を考えている方は登録した転職サイトのコンサルタントに相談してみても良いでしょう。

実際に派遣の場合は、「高収入が狙いやすい」「サービス残業に悩まされにくい」というメリットも大きいため、派遣勤務もおすすめです。

夜勤がある職場に勤めたくありません。

実際に介護職では、夜勤を求められる職場もある程度存在します。

ただ、夜勤のない職場も当然あるため、事前にエージェントに「夜勤はNG」な旨を伝えておきましょう。

介護職の面接で聞かれやすいことは何ですか?

介護職の面接でよく聞かれやすい項目として、

  • 介護職を志望した動機
  • 転職理由
  • その会社の志望動機

は必ずと言っていいほど、聞かれる内容でしょう。

各質問に対して、自分の答えを明確にしていつでも答えられるようにしておくことが大切です。

介護士転職サイト まとめ

この記事では、介護士におすすめな転職サイトを紹介していきました。

介護士に特化した転職サイトを利用することで、求人内容の詳細を知ることができたり、面接対策を受けることができたりと多大なメリットを受けることができます。

この記事を通して、自分の合いそうな介護士転職サイトに登録してみて下さい。

「どの転職サイトが合っているか」は実際に利用してみないとわからない部分が多いと思います。
そのため、最初は複数の転職サイトを併用して、その中から自分に合った転職サイトを利用していくという流れが良いでしょう。

ぜひ、ご自身に合った介護士転職サイトを活用して、転職を成功させて下さい。