Web/ITエンジニアにおすすめの転職サイトランキング|未経験向けも

「エンジニアはどの転職サイトを使うべき?」
「働き方に合わせて転職サイトを比較したい」

転職サイトが多すぎてお悩みではありませんか。
せっかく転職するなら、サイト選びで失敗したくないですよね。

そこでこの記事では、
エンジニアにおすすめの転職サイト
各サイトの特徴比較
失敗しない転職サイトの選び方

などをご紹介します。
>>おすすめのエンジニア転職サイトを見る

また、未経験からエンジニアになれるのか、転職サイトのメリットは何か、エンジニアが転職で成功するための方法は何かなどについても解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

リクルート
エージェント
マイナビ
ITエージェント
ワークポート レバテック
キャリア
キャリアカーバー
評価 ★★★★★ ★★★★★ ★★★★☆ ★★★★☆ ★★★☆☆
求人数 約90,000件 約15,000件 約40,000件 約10,000件 約20,000件
特徴 非公開求人多数
大手企業案件◎
IT転職に特化!
独占・非公開求人◎
未経験転職も
15年以上の実績
IT転職に特化
ハイクラス求人多数
ハイクラスに特化
好条件求人多数掲載
エリア 全国 全国 全国 全国 全国

転職コネクトについて
当メディアは、転職エージェントの運営に必要な「職業紹介事業」の許可を受けている有料職業紹介許可事業者が運営しており、各記事も経験豊富な転職のプロが執筆しています。
なおランキングは、「求人数」「サポートの質」「口コミ」などをもとに総合的に評価しています。

記事の目次

エンジニアにおすすめの転職サイト・求人サイトランキング

この項目では、エンジニアにおすすめの転職サイトを16社紹介します。

ここでご紹介する企業から大体2~3社を複数登録するのがおすすめです。

複数の転職サイトに登録することで多くの非公開求人に触れることが出来るだけでなく、相性の良い担当者に出会える可能性が高まるからです。

Point! ▶
転職サイトごとにあなたとの相性は大きく異なります。
希望のお仕事を見つけるなら最低2〜3社への登録がおすすめ。
担当者との相性を比較できて、転職サイトごとに異なるお仕事を紹介してもらえます。

1.リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

  • ITエンジニアの求人だけで約10万件
  • 管理ページでボタン1つで応募依頼完了
  • 全体の約20%が大手企業の求人!

リクルートエージェントは、人材大手のリクルートが運営する転職エージェントです。
ITエンジニア求人は約10万件と業界トップクラスの求人数を誇っています。
職種はプログラマーから品質管理、社内SE、テクニカルサポート、組込み・制御エンジニアなどさまざま対応しており、年収800万円以上の求人もあります。
また求人の約20%は大手企業の求人で、安定した企業に転職したい方にもおすすめです。

応募や求人確認はメールではなく管理画面で楽に確認可能。
キャリアアドバイザーから紹介される求人にボタンひとつで応募、求人の進捗確認もできて便利です。

土日・夜間の受付や電話・オンライン面談など非対面での転職活動サポートを実施しているため、忙しくてなかなか転職活動が進まない方も安心です。

>>公式サイトを見る

求人数 約27,600件
求人の質
転職サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田・山形・福島・東京・神奈川・千葉・埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨・長野・新潟・富山・石川・福井・愛知・静岡・岐阜・三重・大阪・兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山・広島・岡山・鳥取・島根・山口・香川・愛媛・高知・徳島・福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.r-agent.com/it_engineer/

\オンラインで登録完了/


関連記事
リクルートエージェントの評判・口コミ

2.マイナビITエージェント

マイナビITエージェント

こんな方におすすめ

  • IT業界でキャリアアップを目指している方
  • 幅広い職種の中から求人情報を選びたい方
  • 初めての転職で不安がある方

マイナビITエージェントは、人材紹介大手の株式会社マイナビが運営している、IT業界に特化した転職サイトです。

ITコンサルタント、システムエンジニア、プログラマー、データベースエンジニアなどさまざまな職種の転職をサポートしています。手厚いサポート体制があり、転職が初めての方でも安心して利用できます。

また、ハイクラス求人にも対応しているため、キャリアアップを目指している方にもおすすめです。

>>公式サイトで詳細を見る

求人数 約15,000件
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://mynavi-agent.jp/it/



3.ワークポート

ワークポート

こんな方におすすめ

  • 未経験からのITエンジニア転職を目指している方
  • とりあえず気軽に登録して転職サイトを試したい方
  • スマホメインで転職活動を進めたい方

ワークポートは、15年以上の歴史があるIT業界に特化した転職サイトで、「みんすく」という無料で受講できるエンジニアスクールを運営しています。

プログラミングスキルを習得しながら転職活動を進めることができるため、未経験からのITエンジニア転職を目指している方におすすめです。

また、オリジナルの転職活動支援アプリ「eコンシェル」には、面接スケジュールの管理機能や、希望にマッチする求人を紹介するレコメンド機能など、さまざまな機能がそろっていて、転職活動を効率的に進めることができます。
>>公式サイトを見る

求人数 約40,000件
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://www.workport.co.jp/


関連記事:
ワークポートの評判・口コミ|求人や担当者の特徴を調査

4.レバテックキャリア

レバテックキャリア

こんな方におすすめ

  • ハイクラス転職を目指している
  • エンジニア経験がある
  • キャリアアップしたい

レバテックキャリアは、IT業界向けのハイクラス求人を豊富に取り扱っている転職サイトです。

キャリアコンサルタントにはエンジニア出身者も多く在籍していて、技術的な知識が豊富なため、専門的な相談にも乗ってもらうことができます。

現役エンジニアの観点からGitHubに対するフィードバックもしてくれるため、IT業界での自分の市場価値を高めたい方や、キャリアアップを目指している方におすすめです。
>>公式サイトで詳細を見る

求人数 約10,000件
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://career.levtech.jp/


関連記事:
レバテックキャリアの評判・口コミ|登録前に確認すべきポイント

5.キャリアカーバー

キャリアカーバー

こんな方におすすめ

  • ハイクラス転職を目指したい
  • 自分の市場価値を知りたい
  • 高収入の求人を探したい

キャリアカーバーは、株式会社リクルートが運営するハイクラス限定の転職サイトです。
IT系の求人も豊富に掲載されており、IT業界やエンジニアの求人だけでも約20,000件の求人があります。

また、ハイクラス転職に特化しているため、年収800万~2,000万円クラスの求人情報を豊富にそろえています。

会員登録後は、企業からのスカウトがくるのを待つのみで、自分で求人情報を探す必要はありません。
ヘッドハンターが条件に合う求人をひとつずつ丁寧に探してくれるため、じっくりと自分に合う求人を探したい方におすすめです。
>>公式サイトを見る

求人数 約20,000件
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://careercarver.jp/


関連記事:
キャリアカーバーの評判・口コミ|登録前に確認すべきポイント

6.dodaエンジニアIT

dodaエンジニアIT

こんな方におすすめ

  • できるだけ多くの求人情報の中から転職先を検討したい方
  • ベンチャーから大手企業まで、いろんなジャンルの求人が見たい方
  • 企業側の要望を把握し、転職後のミスマッチを防ぎたい方

dodaエンジニアITは、国内最大級の転職サービスを運営しているdodaの中で、ITエンジニア向けの案件に特化させた転職サイトです。

一般的なキャリアアドバイザーとは別に、プロジェクト担当と呼ばれる企業側の採用支援を行う担当者がつき、2名体制で転職をサポートしてくれることが特徴です。

プロジェクト担当者は、実際に採用する企業側の目線から転職のアドバイスを行ってくれるため、企業側がどのような人物を求めているのかを正確に把握することができ、転職後のミスマッチを防止できます。

求人数 約20,000件
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://doda.jp/engineer/


関連記事:
doda(デューダ)の評判・口コミ

7.DYM IT転職


DYM就職

こんな方におすすめ

  • 20代で転職を考えている
  • とりあえず相談してみたい
  • 実績がある転職サイトが良い

DYM IT転職は、若手エンジニア向けの転職サイトです。
ニート、フリーターなどの未経験であったり、職歴が浅い方であっても希望に応じた求人を紹介してくれます。
求人が掲載されているだけでなく、サービス満足度90%の転職サポートを受けることもできます。

大手企業を中心に、2,500社以上の企業が求人を掲載。転職成功者も14,000人を超える実績ある転職サイトです。

面接練習、書類作成指導、服装指導などのサポートも手厚く行ってくれるため、就職活動未経験の方でも安心して転職活動を行うことができます。
来社不要のオンライン面談にも対応。平日は22時まで、土日も対応しているため、忙しいけどとりあえず相談してみたい、という方にもおすすめです。
>>公式サイトで詳細を見る

求人数 約60件
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.dshu.jp/


関連記事:
DYM IT転職の評判・口コミ|登録前に確認すべきポイント

8.ギークリー

ギークリー

こんな方におすすめ

  • ソーシャルゲーム業界への転職を目指している方
  • 転職で年収UPを実現させたい方
  • 短期間での転職を実現したい方

ギークリーは、IT・Web・ソーシャルゲーム業界に特化した転職サイトです。
これまで転職を成功した利用者のうち、約75%が年収UPを実現していて、ユーザー満足度も85.3%と高い評価を受けています。

また、内定までの期間が短いことも特徴で、一般的な転職サイトでは登録〜内定までの期間が平均2ヶ月なのに対し、ギークリーでは平均1ヶ月と、スピーディな転職が実現できます。

求人数 約10,000件
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://www.geekly.co.jp/


9.TechClipsエージェント

TechClipsエージェント

こんな方におすすめ

  • 高収入&高待遇な環境へキャリアアップしたい方
  • エンジニアとして話が通じるコンサルタントを求めている方
  • 大手企業への転職を希望している方

TechClipsエージェントは、notari株式会社が運営するITエンジニア専門の転職サイトです。
求人内容は首都圏に特化した高収入&高待遇の求人が多く、将来を見据えたキャリアアップを検討している方におすすめです。

現役のエンジニアがコンサルタントを担当してくれることが特徴で、コンサルタント自身も転職経験者が多いため、ITエンジニアとしてのキャリア形成について親身になって対応してくれます。

求人数 約1,000件
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 東京・神奈川・埼玉・千葉
公式サイト https://agent.tech-clips.com/


10.パソナキャリア

パソナキャリア

こんな方におすすめ

  • IT業界以外の求人情報も見たい方
  • 慣れない転職活動で不安がある方
  • 女性で転職を希望している方

パソナキャリアは、人材大手企業の「パソナ」が運営している転職サイトです。
幅広い業界の求人案件を取り扱っていて、全国都道府県に拠点があるため、都心・地方に関わらず希望する求人を探すことができます。

取引実績は16,000社以上と豊富な実績があり、オリコン顧客満足度調査「転職サイト」で3年連続1位を獲得しています。

キャリアコンサルタントによる丁寧なサポートが評判で、初めての転職や慣れない異業種への転職で不安がある方におすすめです。

求人数 約35,000件
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://www.pasonacareer.jp/


関連記事:
パソナキャリアの評判・口コミ|徹底調査で使い心地やスカウト満足度も分析

11.グリーン(Green)

グリーン

こんな方におすすめ

  • ベンチャー企業への転職を目指している方
  • 企業スカウトを希望している方
  • 独自求人も含め、たくさんの求人情報が見たい方

グリーンは、20,000件以上の求人数を掲載している、IT業界最大級の転職サイトです。

グリーンの転職サイトには、お気に入りに登録した求人情報と同じような内容の求人情報を自動で紹介してくれる「レコメンド機能」や、企業側から気になった登録者に対してメッセージを送信することができる「スカウト機能」など、転職活動を効果的に進めることができる便利な機能が揃っています。

無料で求人情報が掲載できるため、設立してから日が浅いベンチャー企業も多く、ベンチャー企業への転職を目指している方におすすめです。

求人数 約20,000件
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄・海外
公式サイト https://www.green-japan.com/


12.社内SE転職ナビ

社内SE転職ナビ

こんな方におすすめ

  • 社内SEへの転職を目指している方
  • 社内SEという職種に興味がある方
  • 幅広い社内SE職の中から求人を選びたい方

社内SE転職ナビは、アイムファクトリー株式会社が運営している社内SEに特化した転職サイトです。

社内SEの分野に特化することで、専門求人案件を幅広くカバーしているので希少な求人案件も紹介してもらえます。

専属のキャリアコンサルタントが、情報システム社内SE分野の転職事情や市場動向も踏まえて手厚くサポートしてくれるので、ユーザー満足度も97.1%と高い評価を得ています。
社内SEへの転職を目指している方におすすめの転職サイトです。

求人数 約6,500件
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://se-navi.jp/


13.GEEKJOB

GEEKJOB

こんな方におすすめ

  • 短期間で基礎的なスキルを習得したい方
  • たくさんの企業選考を受け、早期就業を目指したい方
  • 学習時間や学び方(通学・オンライン)を自分で選択したい方

GEEKJOBは、ITエンジニアの転職に特化したプログラミング学習スクールです。

ITエンジニア スピード転職コースでは、24時間いつでもオンラインで学習を進めることができ、転職するために必要な学習を進めながら、並行して受けられる限りの選考を受けて、早期就業を目指すことができるため、とにかく早く転職したい方におすすめです。

転職メンターによるキャリアサポートを受けることができ、面接の練習やメンタルサポートまで、徹底したサポートをしてくれます。

求人数 約500件
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 東京・埼玉・千葉・神奈川
公式サイト https://camp.geekjob.jp/


14.TECH ACADEMY

TECH ACADEMY

こんな方におすすめ

  • 未経験からのITエンジニア転職を目指している方
  • 転職前に専門的なスキルを身につけたい方
  • 仲間と一緒に切磋琢磨して学習を進めたい方

TECH ACADEMYは、マンツーマンでレッスンを受けることができるプログラミングスクールで、学習後の転職活動まで徹底サポートしてくれる転職支援サービスを行っています。

初心者でも一からプログラミングの知識を学習することができ、最終的には自分のオリジナルアプリを作れるレベルにまで力をつけることができます。

また、受講生全員が利用することができる掲示板チャットも用意されていて、情報交換が盛んに行われていて、受講生同士で刺激を受け合いながらスキルを身につけることができます。

求人数 約1,000件
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 東京
公式サイト https://techacademy.jp/


15.侍エンジニア塾

侍エンジニア塾

こんな方におすすめ

  • 未経験からのITエンジニア転職を目指している方
  • 本業が忙しくて学習のための時間がなかなか取れない方
  • プロの講師とのマンツーマンレッスンを希望している方

侍エンジニア塾は、ITエンジニアとしてのスキルを身につけたい方向けのプログラミングスクールです。
現役エンジニアによるマンツーマンレッスンが特徴で、未経験からのITエンジニアへの転職を目指している方におすすめです。

学習は完全オンラインで受講できるため、子育て中の主婦や本業が忙しいサラリーマンなど、学習のための時間がなかなか取れない方でも自分の生活スタイルにあわせた学習プログラムを組むことができます。

求人数 約2,000件
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 東京・大阪
公式サイト https://www.sejuku.net/


16.Pro Engineer

Pro Engineer

こんな方におすすめ

  • 未経験からITエンジニア転職を目指している方
  • 転職を機に新しいスキルを身につけたい方
  • フリーランスへの転向を希望している方

プロエンジニアは、インターノウス株式会社が運営している正社員求人・フリーランス求人を紹介をしている転職サイトです。

無料のIT研修を実施していて、javaプログラミングやlinuxサーバーの構築など、通常のITスクールに通うと数十万円かかってしまうような研修プログラムを無料で受講できます。

また、高単価なフリーランス求人も豊富なため、現在フリーランスで活躍している方、またはフリーランスへの転向を希望している方におすすめです。

求人数 約3,500件
求人の質
サポート
総合評価
対応エリア 北海道・青森・岩手・宮城・秋田
山形・福島・東京・神奈川・千葉
埼玉・茨城・栃木・群馬・山梨
長野・新潟・富山・石川・福井
愛知・静岡・岐阜・三重・大阪
兵庫・京都・滋賀・奈良・和歌山
広島・岡山・鳥取・島根・山口
香川・愛媛・河内・徳島・福岡
佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎
鹿児島・沖縄
公式サイト https://proengineer.internous.co.jp/


転職サイトおすすめランキング|評判・口コミを比較

エンジニア向け転職サイト比較表

おすすめの転職サイトを簡単に比較できる表を載せたので、ぜひ参考にしてみてください。

こんな方におすすめ 求人数 対応エリア 総合評価
リクルート
エージェントIT
大手企業に転職したい
煩雑なやり取りが嫌
多くの求人を見たい
約90,000件 全国
マイナビIT
エージェント
幅広い職種を見たい
キャリアアップを目指している
約15,000件 全国
ワークポート 未経験からの転職
スマホメインで転職活動を進めたい
約40,000件 全国
レバテック
キャリア
ハイクラス転職
エンジニアとして市場価値を高めたい
約10,000件 全国
キャリア
カーバー
ハイクラス転職
時間をかけて求人を探したい
約20,000件 全国
doda
エンジニアIT
多くの求人から選びたい
転職後のミスマッチを防ぎたい
約20,000件 全国
DYM就職 ニート・フリーター転職
サポートをしっかり受けたい
約60件 全国
ギークリー ソーシャルゲーム業界志望
短期間で転職したい
約10,000件 全国
社内SE
転職ナビ
社内SEに転職したい 約6,500件 全国
GEEK
JOB
短期間でスキルを習得したい 約500件 東京・埼玉・千葉・神奈川
Green ベンチャー企業への転職 約20,000件 全国
パソナ
キャリア
IT業界以外の求人も見たい 約35,000件 全国
TECH
ACADEMY
未経験からの転職 約1,000件 東京
侍エンジニア塾 マンツーマンレッスンを受けたい 約2,000件 東京・大阪
Pro
Engineer
未経験から転職したい 約3,500件 全国
TechClips
エージェント
高収入&高待遇な環境へのキャリアアップ 約15,000件 東京・神奈川・埼玉・千葉

▶︎横にスクロールできます▶︎

目的別|エンジニア転職サイト

この項目では、目的別にエンジニアにおすすめの転職サイトを紹介していきます。

多くの求人に出会いたいエンジニア向け

たくさんの求人情報から仕事を選びたい方は以下のサービスへの登録がおすすめです。
また、より多くの仕事に出会うためには、複数の転職サイトへ登録することでそこでしかみられない非公開求人を探すこともできます。

サービス 求人数 コメント
ワークポート 約40,000件 未経験からのITエンジニア転職◎
スマホメインで転職活動
パソナキャリア 約35,000件 IT業界以外の求人情報◎
女性が活躍できる案件多数
キャリアカーバー 約20,000件 ハイクラス転職
じっくりと時間をかけて求人を探せる

高年収を目指したいエンジニア向け

ハイクラス転職を考えている、キャリアアップを目指している方はスカウト型の転職サイトに登録しておくと良いでしょう。
以下のサービスで紹介している求人の多くは経験者向けの好条件案件です。

サービス 求人数 コメント
キャリアカーバー 約20,000件 ハイクラス転職
じっくりと時間をかけて求人を探せる
レバテックキャリア 約10,000件 ハイクラス転職
エンジニアとしての市場価値を高められる
TechClipsエージェント 約15,000件 高収入&高待遇な環境へキャリアアップ
大手企業への転職◎

未経験からエンジニアを目指したい方向け

IT業界は人手不足といわれており、未経験からのチャレンジもできる業界です。
とはいえ、ハイクラス向けの求人サイトには経験者向けの求人ばかりのため、未経験求人の多い以下のサイトへの登録が必須です。

サービス 求人数 コメント
ワークポート 約40,000件 未経験からのITエンジニア転職◎
スマホメインで転職活動できる
Pro Engineer 約3,500件 新しいスキルを身につける◎
フリーランスへの転向◎
TECH ACADEMY 約1,000件 仲間と一緒に切磋琢磨して学習
転職前に専門的なスキルを身につけられる

スキルアップしたいエンジニア経験者向け

自分のスキルを極めていきたい、という方は以下の転職サイトがおすすめです。
プログラミングなどエンジニア向けの学習サービスも展開しています。

サービス 求人数 コメント
GEEKJOB 約500件 短期間で基礎的なスキルを習得
学習時間や学び方(通学・オンライン)を自分で選択
TECH ACADEMY 約1,000件 未経験からのITエンジニア転職
仲間と一緒に切磋琢磨して学習
侍エンジニア塾 約2,000件 学習のための時間がなかなか取れない方向け
プロの講師とのマンツーマンレッスン

SEに転職したいエンジニア向け

人気の社内SEなどに転職を考えている方は求人数の多い転職サイトへの登録がおすすめです。

サービス 求人数 コメント
マイナビITエージェント 約15,000件 幅広い職種の中から求人情報を選べる
IT業界でキャリアアップ
レバテックキャリア 約10,000件 ハイクラス転職
自分のエンジニアとしての市場価値を高められる
社内SE転職ナビ 約6,500件 社内SEへの転職
幅広い社内SE職の中から求人を選べる

女性のエンジニア向け

女性ならではの悩みにも寄り添ってくれる担当者が多い転職サイトに登録しておくと色々と相談できて楽です。
求人数の多い転職サイトとあわせて登録しておきましょう。

サービス 求人数 コメント
パソナキャリア 約35,000件 IT業界以外の求人情報◎
転職活動が初めての方
マイナビITエージェント 約15,000件 幅広い職種の中から求人情報を選べる
IT業界でキャリアアップ
dodaエンジニアIT 約20,000件 多くの求人情報の中から転職先を検討できる
企業側の要望を把握し、転職後のミスマッチを防ぎたい方向け

フリーランスを目指したいエンジニア向け

正社員だけではなくフリーランスや派遣で働くことも視野にいれているという方は、好条件の案件が多数掲載されている以下の求人サイトに登録してみてください。
エンジニアに特化した転職サイトでは希望を伝えておくことでフリーランス向けのお仕事や派遣のお仕事を紹介してくれることもあります。

サービス 求人数 コメント
Pro Engineer 約3,500件 未経験からITエンジニア転職
転職を機に新しいスキルを身につけたい方
レバテックキャリア 約10,000件 ハイクラス転職
自分のエンジニアとしての市場価値を高められる
dodaエンジニアIT 約20,000件 多くの求人情報の中から転職先を検討できる
企業側の要望を把握し、転職後のミスマッチを防げる

在宅で働きたいエンジニア向け

在宅勤務で働きたいという希望がある方は在宅のお仕事も多数掲載されている以下の転職サイトへの登録がおすすめです。

サービス 求人数 コメント
TechClipsエージェント 約15,000件 高収入&高待遇な環境へキャリアアップ◎
大手企業への転職を希望している方向け
レバテックキャリア 約10,000件 ハイクラス転職
自分のエンジニアとしての市場価値を高めたい方向け
dodaエンジニアIT 約20,000件 多くの求人情報の中から転職先を検討したい方向け
企業側の要望を把握し、転職後のミスマッチを防ぐ

おすすめしたいプログラミングスクール

未経験からエンジニアを目指す方には、プログラミングスクールに通うのもおすすめです。

プログラミングスクールはプログラミングスキルを身につけられるだけでなく、そのまま自分に合った就職先を紹介してもらえる事が多いです。

そのため就職・転職活動をせずともエンジニアを目指すことができます。

この項目ではおすすめのプログラミングスクールとして以下の3つをご紹介します。

  • TECH ACADEMY
  • DMM WEBCAMP
  • programmer college(プログラマカレッジ)
  • TECH ACADEMY

    こんな方におすすめ

    • オンラインでしっかり学びたい
    • WEB系エンジニアになりたい
    • 転職をサポートしてほしい

    TECH ACADEMYは、オンラインで完結するプログラミング講座を受講できる、転職サポート付きのプログラミングスクールです。

    転職成功率はなんと約98%を誇っています。

    講座は174,900円(税込)から受講でき、「Webアプリケーションコース」や「WordPressコース」など、WEB業界で活躍するための本格的なコースが揃っています。

    スキルをつけてからWeb系に転職したい方に、特におすすめです。

    総合評価
    料金 選択した受講期間による
    Webアプリケーションの学生4週間プランで163,900円(税込)~
    コース
    • Webアプリケーションコース
    • PHP/Laravelコース
    • Javaコース
    • フロントエンドコース

    など

    学べる言語 Javascript、Ruby、Git、HTML5、Css3、Swift、PHP、SQL、Java、Unity、C#など
    受講スタイル オンライン
    教室所在地 教室無し
    公式サイト https://techacademy.jp/

    DMM WEBCAMP

    dmm webキャンプ

    こんな方におすすめ

    • 未経験からITエンジニアになりたい
    • 返金保証してほしい
    • 教室に通って学びたい

    DMM WEBCAMPは、転職保証・返金保証付きのプログラミングスクールです。

    転職成功率は98%を誇っており、その中の95%が未経験からの転職となっています。

    コース料金は比較的高額ですが、3ヵ月のカリキュラム後に転職できなかった場合は全額返金保証をしてくれます。

    DMM WEBCAMPはコース中、教室通い放題、講師への質問し放題です。

    未経験からしっかりプログラミングを学びたい場合はDMM WEBCAMPがおすすめです。

    総合評価
    料金 通常:690,800円(税込)
    専門:910,800円(税込)
    コース
    • 転職コース(通常)
    • 転職コース(専門)

    など

    学べる言語 Javascript、Ruby、Swift、PHP、Git、Unity、C#、HTML5、Css3、SQL、Javaなど
    受講スタイル 通学・オンライン
    教室所在地 渋谷・新宿・難波
    公式サイト https://web-camp.io/



    programmer college(プログラマカレッジ)

    プログラマカレッジ

    こんな方におすすめ

    • リーズナブルにプログラミングを学びたい
    • 転職サポートをしてほしい
    • 実践的な教育を受けたい

    programmer college(プログラマカレッジ)は、受講料無料で学べるプログラミングスクールです。

    プログラマカレッジは企業から協賛金を募ることで、受講料無料を実現させています。

    転職サポートも書類添削や面接対策ビジネスマナーの習得など様々に力を入れています。

    そのため就職率も96.2%と高いです。

    費用を抑えてプログラミングを学びたい方におすすめです。

    総合評価
    料金 無料
    コース
    • 昼間コース(3ヵ月)
    • 夜間コース(6か月)

    など

    学べる言語 HTML5、CSS3、Java、PHP、Rudy、MySQL、Git GitHub、Bootstrap、JavaScript、jQueryなど
    受講スタイル 通学・オンライン
    教室所在地 半蔵門
    公式サイト https://programmercollege.jp/

    エンジニア|転職サイトの選び方

    この項目では、エンジニアがどのように転職サイトを選ぶべきかについて解説していきます。

    求人数で選ぶ

    まず、転職サイトの持つ求人数は確認するようにしましょう。

    自分の理想の条件を叶える求人が少ない転職サイトに登録してしまうと、転職活動が満足のいかないもので終わってしまうかもしれません。

    確認すべきポイントは主に以下の3つです。

    総求人数
    地域別の求人数
    職種別の求人数

    特に自分の働きたい地域の求人は最初に確認しておかないと、自分の理想の働き方が実現できなくなってしまう可能性があります。

    職種(インフラエンジニア、社内SEなど)ごとの求人の数も、自分の働きたい職種のものは確認しておくのがおすすめです。

    サポート体制で選ぶ

    転職サイトによって、サポート体制は異なります。

    例えば、転職サイトによってはWebエンジニアに特化した転職サポートが受けられたり、現役のエンジニアからのサポートが受けられたりします。

    退職交渉・手続きを代行してくれる転職サイトもあります。

    自分に合ったサポート体制の転職サイトに登録することをおすすめします。

    エージェント型・求人型で選ぶ

    転職サイトには、大きく分けて「エージェント型」と「求人型」の二種類があります。

    エージェント型は自分に担当者が一人つき、転職活動を求人探しから内定後までサポートしてくれます。

    求人型は、サイトに掲載されている求人に応募し、選考対策や内定・入職までの手続きは自分で行います。

    エージェント型 求人型 ポイント
    気軽さ 求人型は自分のペースで転職活動を進められる
    転職活動期間 エージェント型は求人選びなどにあまり時間を割かないためスムーズに進むことが多い
    転職アドバイス エージェント型は転職のプロとして担当者が直接教えてくれる
    サイト型は転職ノウハウをウェブ上で教えてくれるコンテンツが多い
    情報量 エージェント型は職場の内部情報などを持っていることが多い
    入社成功率 エージェント型は担当者が企業にプッシュしてくれることがある

    もし今すぐ転職をしたいわけでないなら、まず求人型転職サイトに登録することをおすすめします。

    ですが確実に転職したい場合は、エージェント型転職サイトへの登録をおすすめします。

    サポート体制が豊富なので、転職活動が後悔なく進められる可能性が高いです。

    エージェント型転職サイトのサポートについては以下の項目などでも解説しています。
    >>転職サイトのメリットはこちら

    この記事でも転職エージェントをご紹介していますが、より詳しくエージェントについて知りたい方は、以下の記事に詳しく記載しています。
    関連記事:
    ITエンジニアに強いおすすめ転職エージェントランキング|注意点を徹底解説

    エンジニアが転職サイトを利用するメリット

    この項目では、エンジニアが転職サイト(エージェント型)を利用するメリットについて解説していきます。

    多くの非公開求人に出会える

    エージェント型転職サイトは、公開求人の他に非公開求人というものを多く持っています。

    非公開求人
    一般に公開されない求人情報のこと。
    公開すると人気のあまり応募が殺到してしまったり、一般非公開プロジェクトのメンバー募集を秘密裏に行いたいなどの事情で使われることが多い。

    非公開求人は公開求人と合わせて利用することで、自分の理想を叶える求人が見つかる可能性が上がります。

    また質の良い求人も多く入っているため、環境の良い職場への転職も目指せます。
    >>エンジニアにおすすめの転職サイトはこちら

    自分の市場価値を知ることが出来る

    エージェント型転職サイトに登録すると、転職のプロである担当者が面談・相談を通してあなたの市場価値合っている働き方などについて教えてくれます。

    そのため、自分がどういった企業を狙うべきなのかなどを知ることが出来ます。

    また、その過程で自分でも気づかなかった自分の強み、長所・短所も教えてもらえます。
    >>エンジニア転職サイトごとの特徴を知る

    転職に関する様々なサポートをしてもらえる

    エージェント型転職サイトはサポート内容が手厚いことが多いです。

    例えば、自分の希望をあらかじめ伝えておくと条件に沿った求人を代わりに探してきて紹介してくれます。

    選考対策の際も担当者が書類の添削模擬面接などを行ってくれることが多いです。

    特に転職サイトによっては、担当者自身がエンジニアであったり、IT業界に精通した担当者が多いので、細かいところまで添削・指摘してもらうことが出来ます。

    他にも面接日程、入社日の調整や内定後に年収の交渉などを行ってくれます。
    >>エンジニアにおすすめの転職サイトを見てみる

    エンジニア転職サイトの利用方法

    この項目では、詳しいエンジニア転職サイトの利用方法について解説します。

    転職サイトは、登録した後は流れに沿って利用するだけなので、特に不安でない方は次の項目に進んで頂いても大丈夫です。
    >>エンジニアが転職サイトをさらに活用する方法はこちら

    ちなみにこれはエージェント型転職サイトの利用方法です。

    求人型転職サイトは自主的に企業を調べて応募していくという転職活動の流れのため、特に決まった利用の手順がありません。そのため、この記事ではエージェント型転職サイトのみ利用手順を解説していきます。

    1.Webなどから登録

    転職サイトの公式サイトなどから、自分の情報を登録します。

    「転職サービス」ではなく「派遣サービス」に登録しないよう気を付けましょう。
    (同一サイト内で派遣サービスと転職サービスの両方を扱っている所があります。)

    2.面談の日程調整

    転職サイトに登録すると、電話が担当者からかかってきます。
    (エージェント型転職サイトでは求職者一人一人に担当者がつきます。)

    その際、

  • 転職はいつ頃したいのか
  • 転職先に求める条件
  • 現職の状況
  • などをヒアリングされることが多いです。

    決まっている希望条件などは必ず伝えてください。

    そして、面談の日程調整をします。

    この電話は大体10分前後で終わることが多いです。

    3.担当者と面談

    担当者と面談をします。

    面談は電話やWebなどのオンラインで行う場合と、実際に会って行う場合があります。

    初回の面談では、

    自分の現在の市場価値
    自分のアピールポイントの深堀り
    希望条件の整理
    転職理由

    などについて、転職のプロである担当者に話しながらまとめていきます。

    また現在の転職事情について詳しく教えてもらえる事も多いので、心配な方はどんどん担当者に聞きましょう。

    4.求人を紹介してもらう

    面談で話した内容を元に、担当者はあなたに合った求人を探して持ってきてくれます。

    面談でしっかり希望を伝えておけばおくほど、この時に自分に合った求人を紹介してもらいやすくなります。

    また、求人に書いていない情報を教えてもらえることもあります。

    例えば職場の雰囲気、実際の年収、人事評価基準などです。

    転職後のミスマッチを防ぐためにも、気になった方は担当者に聞くことをおすすめします。

    5.応募・選考対策

    応募する求人を絞った後は、選考書類を揃えて求人にエントリーします。

    その際、電話メール、もしくは直接会って担当者に選考書類の添削をしてもらうことが出来ることが多いです。

    もし可能な場合は、担当者にコンタクトを取って添削してもらいましょう。

    応募書類の作成が終わったら、担当者が推薦文を添えて企業に提出してくれます。

    これは選考書類では伝わらないあなたの魅力をアピールしてくれるものなので、気になる方は担当者に何が書かれているか教えてもらいましょう。

    書類選考に通った後は、面接対策をします。

    担当者に頼むと模擬面接をやってもらえることが多いです。

    また転職サイトや担当者によっては、「この企業はこういった傾向がある」などを分かっている場合があるので、より有効に面接対策をすることが出来ます。

    ちなみにもし面接選考で不採用だった場合は、担当者がその理由を企業に聞いてくれます。

    このフィードバックは別の面接選考でも活かすことが出来ます。

    6.内定・退職手続き

    無事内定をもらえて転職活動を終わらせることを決めた場合、入社手続きや現職の退職手続きをすることになります。

    その際入社日の交渉や年収など就業条件の交渉は、転職サイトに代わりにやってもらうことが出来ます。

    また退職についても、円満に退職できるようサポートしてくれることが多いです。

    転職サイトによっては退職手続きを全て代行してくれるところもあります。

    もし不安な場合は担当者に相談してみることをおすすめします。
    >>エンジニアにおすすめの転職サイトはこちら

    エンジニアが転職を成功させるための転職サイト活用方法

    この項目では、エンジニアが転職サイトをさらに活用する方法について解説していきます。

    転職サイトを複数利用する

    求人型転職サイトでも複数登録するのはおすすめですが、エージェント型転職サイトは特に複数登録するのがおすすめです。

    何故なら、

    多くの非公開求人に触れられる
    相性の良い担当者に出会える可能性が上がる

    というメリットがあるからです。

    転職サイトは非公開求人をそれぞれ持っています。

    そして、持っている求人は転職サイトによって異なります。そのため、複数登録することでより多くの非公開求人に出会うことが出来ます。

    また複数登録することで、転職サイトごとにそれぞれ異なる担当者がつくことになります。

    そのため、1社のみに登録するよりも相性の良い担当者に出会える可能性を上げることが出来ます。

    また、一人の担当者と相性が悪くてもスムーズに他の転職サイトに移ることが可能です。

    しかし多数の転職サイトに登録しすぎると、スケジュール管理や求人の管理が出来なくなる可能性があります。

    そのため、複数登録は2~3社に絞って登録するのがおすすめです。
    >>エンジニアにおすすめの転職サイトはこちら

    担当者に転職への熱意を伝える

    担当者には、しっかり転職への熱意を伝えましょう。

    担当者は一度に多くの求職者を担当している事が多いです。

    そのため、優先度高く対応してもらうためには転職への熱意を伝えておくことが大事です。

    優先度が下がると良い求人を紹介されるのが後回しになったり、連絡がスムーズに取り合えないなどのことが起こる可能性があります。

    なるべく「自分は今すぐにでも転職がしたい」と伝えるようにしましょう。

    担当者が合わない場合は早めに変える

    もし「担当者と相性が合わない」と感じたら、早めに担当を変えてもらいましょう。

    例えば

    「連絡頻度や、時間の折り合いがつかない」
    「紹介してくれる求人が希望に合っていない」

    などは十分担当変更の理由になります。

    転職サイトのホームページから問い合わせ出来ることも多いです。

    担当者変更はよくあることなので、あまり気にする必要はありません。

    ただもしどうしても言いづらい場合は、他の転職サイトに乗り換えましょう。

    また、変更する際は理由をきちんと説明するようにしましょう。

    理由なく担当者変更をすることで信頼を落としてしまい、求人紹介に影響が出る場合があるからです。

    良いと思う求人はなるべく早く応募する

    良いと感じた求人はなるべく早めに応募するようにしましょう。

    あなたが良いと思う求人を、他の求職者も良いと思うことは良くあります。

    また、「軽々しく応募して結局転職しなかったら申し訳ない」と感じなくても大丈夫です。

    大手人材会社のマイナビも、「働く気がないのに応募するのはNGですが、少しでも興味があっての応募であれば、その度合が問われることはほとんどないといってよいでしょう。」と書いています。

    いざ「応募しよう」となった時に求人が終了しているということを避けるためにも、なるべく早く応募しましょう。

    転職先に求める条件を考えておく

    転職先に求める就業条件はなるべく自分で考えておくことをおすすめします。

    エージェント型転職サイトの場合、条件を決めていなくても、担当者があなたと面談をしながらおすすめの就業条件を提示してくれることも多いです。

    しかし、自分の中でどの条件が譲れないのか、どの条件なら変えてもいいのかなどをざっくりでも決めておくと、面談や求人紹介がスムーズに進みます。

    そして、満足のいく転職活動を実現しやすいです。

    1社のみの応募は避ける

    dodaの調査によると、転職成功者の80%以上が2社以上の求人に応募していたそうです。

    また、内定までに応募した求人の数の平均はなんと22.2社にも上ります。

    もし今すぐに転職をしたいわけでないなら良いかもしれませんが、確実に転職をしたい場合1社のみの応募はリスキーです。

    転職サイトに登録している場合は担当者などと相談しながら、応募する求人を決めてみてください。
    >>エンジニアにおすすめの転職サイトはこちら

    登録していない場合は、なるべく20社ほどは応募するよう心掛けてみてください。

    エンジニア転職の体験談

    この項目では、エンジニア転職の体験談を紹介します。

    20代エンジニアの転職体験

    この項目では、20代エンジニアの転職体験についていくつか紹介します。

    口コミアイコン
    【20代男性】SIer・ソフトハウス→Webサービス・Webメディア
    元の会社ではSESなどもやっていた。そこで積むことの出来るキャリアに限界を感じて、転職を決意した。
    転職にあたって転居しなければいけなかったので、その期間調整なども不安だったが、担当者の方のサポートもあって難なく転職活動を終えることが出来た。
    転職が初めてだったため、普通に行われている現職・転職先での手続きも担当者に頼りながら行った。
    今は新しい職場で、ワークライフバランスを保ちながら無事働けている。

    出典:アンケート

    口コミアイコン
    【20代男性】組み込みソフト受託のエンジニア→ソフトウェア系エンジニア
    元の会社での案件が、景気悪化と同時に激減してしまい、転職を考えるようになりました。
    書類選考が厳しくなっていることから、担当者の方には多くの会社への応募を勧められました。
    職務経歴書に書く内容をかなりしっかり添削してもらい、自分の経験の見せ方も応募企業に合わせて少しずつ変えました。
    今は自分がやりたかった企画から開発まで携わることが出来る会社に入社することが出来て、とても満足です。

    出典:アンケート

    口コミアイコン
    【20代男性】中堅SIのSE→大手SIのSE
    キャリアアップを目指したいと思い、転職活動を始めました。
    自分は仕事の合間に、いくつか資格を取っていました。
    中には取るのが難しい資格もあったので転職にも役立つと思っていたのですが、面接中にはきはきしゃべることが出来ないなどの理由から、転職活動は上手く進みませんでした。
    そんな時ある転職サイトに登録しました。
    そこの担当者の方に相談したところ、自分の持っている資格を評価してくれる企業として、憧れていた大手の企業を紹介してもらいました。
    受からないと思っていましたが、はきはき喋れるように担当者の方と訓練を重ねて自分の思いを伝えることに慣れていき、なんと内定を貰うことができました。
    これからも精進していきたいです。

    出典:アンケート

    >>エンジニアにおすすめの転職サイトはこちら

    30代エンジニアの転職体験

    この項目では、30代エンジニアの転職体験についていくつか紹介します。

    口コミアイコン
    【30代女性】大手ハードウェアベンダーのPM→大手SIerのPM
    6年ほどハードウェアベンダーでPMを経験しました。
    仕事は好きだったのですが、長時間労働と育児を両立するのが難しくなってきたため転職活動を始めました。
    当初は残業があまりなさそうな社内SEを志望していました。
    しかし不採用が続き、転職サイトに相談した所、「相手の目線も意識する」ということについてアドバイスをもらいました。
    今までは自分の軸でしか転職への熱意を伝えられていませんでしたが、その後の選考ではそれも意識するようになりました。
    また社内SEをめざしていたものの、自分に合っている職場についてしっかり考えた結果、自分の時間を確保しつつよりやりがいを持てるのは国内の大手SIerということに気付きました。
    今は家のことと仕事とを無事両立出来ており、満足しています。

    出典:アンケート

    口コミアイコン
    【30代男性】中規模SIerネットワークエンジニア→公共団体IT・ネットワーク担当
    安定した会社で働きたいと思って、転職活動をはじめました。
    また年収も上がったら嬉しいと思っていました。
    安定した会社が良かったので、大手企業を片っ端から受けていきましたが、結果は不採用ばかりでした。
    転職サイトの担当者を通して企業からの印象を聞いてもらうと、「志望動機がはっきりしていない」という意見が多かったです。
    私は安定したいというのを一番の軸にしていたため、それを隠しながら選考に臨んでいました。そんな姿勢であったため、説得力が感じられなかったのだと今は思います。

    出典:アンケート

    口コミアイコン
    【30代男性】SESハード・組み込みエンジニア→ソフト開発受託会社エンジニア
    案件が減少したことから退職勧告を受け、転職活動をはじめました。
    最初は大手企業に絞って応募をしていました。
    前職ではハードウェアとソフトウェア開発のどちらも経験していたため、他の人に経験では勝てる自信があったからです。
    しかし不採用が続き、転職サイトに登録してみました。
    担当者の方には、どちらのスキルも持っているということが、かえって企業からは中途半端だと思われてしまっている可能性を指摘され、目からうろこでした。
    強みだと思っていたものが、弱みにもなってしまうということは驚きでした。

    出典:アンケート

    口コミアイコン
    【30代男性】独立系SIerネットワークエンジニア→現在転職活動中
    現職の案件の少なさが不安なのと、キャリアをもっと積みたいと思ったため転職活動をしています。
    転職サイトで紹介してもらった、ネットワーク系に強くプロジェクト数が豊富なA社を第一志望として選考に臨みました。
    しかし書類選考や1次面接は通過したものの、担当者の方を通して聞いた企業側の自分の印象は「元気がない」というもので、社風に合わないと思われている可能性がありました。
    結局二次面接で落ちてしまい、「そのままの自分でぶつかって落ちるならそれは仕方ない」と考えていたにも関わらずとても後悔しました。
    A社はとても魅力的な会社だったからです。
    面接という場所ではそのままの自分に固執せず、多少なりとも明るくふるまっていたほうがよかったと、後から思いました。

    出典:アンケート

    口コミを見ると失敗してしまった人の多くが、スキルというよりは人間性や熱意のアピールでつまづいているようです。

    自分をアピールすることに自信がない人は特に、転職サイトのノウハウを使って転職活動することをおすすめします。
    >>エンジニアにおすすめの転職サイトはこちら

    エンジニアが転職で失敗しないための注意点

    この項目では、エンジニア転職の注意点について紹介していきます。

    複数の転職サイトから同じ求人に応募しない

    複数の転職サイトに登録している場合、複数サイトから同じ求人に応募しないように気を付けてください。

    特にエージェント型転職サイトの場合は、複数応募によって企業だけでなく転職サイトを混乱させかねません。そして不信感を抱かれてしまうことがあります。

    最悪の場合選考へ進むことができなくなったり、その企業への再応募が難しくなることがあります。

    また、良い求人を紹介してもらえなくなる可能性もあります。

    一つの求人に対し、一つのサイトからのみ応募するようにしましょう。

    企業・転職サイトからの連絡を放置しない

    企業や転職サイトからの連絡はなるべくすぐに返しましょう。

    すぐに返さず長時間放置することで、転職への熱意が薄いと見なされ、選考やサポートの優先度で不利になってしまう可能性があります。

    もちろん日中仕事などやむを得ない事情で忙しい場合は、その旨を転職サイトの担当者にしっかり伝えておきましょう。

    また企業からの連絡はなるべくすぐに折り返すように心掛けましょう。

    選考対策・志望動機に気を付ける

    選考対策は抜かりなく行いましょう。

    対策をあまり行わずに選考に臨むと、後悔の残る転職活動に終わってしまう可能性があります。

    主に自己分析企業分析をしっかり行うことが大切です。

    またその2つを行うことで、より練度の高い志望動機を作ることが出来ます。

    エージェント型転職サイトを利用している場合は、企業の内情業界の動向、自己分析の方法や志望動機の書き方を担当者に聞くことをおすすめします。

    企業分析の際は、「業界地図」・「会社四季報」・「中期経営計画(企業ホームページに載っていることが多い)」を参考にするのもおすすめです。

    また、転職会議などの口コミサイトを活用するのも良いでしょう。

    エンジニア転職に成功するためのノウハウ

    この項目ではエンジニア転職に成功するためのノウハウをご紹介します。

    なるべく早めに転職活動をする

    エンジニアの転職活動は、なるべく早く始めた方が良いです。

    IT業界は若ければ若いほど、新しい技術の飲み込みも早いと見なされるからです。

    一方で、特に深い理由ない場合は新卒入社後1年未満での転職活動は避けた方が良いです。

    1年足らずで会社を辞める人だと思われてしまうと、選考で不利になってしまうためです。

    転職サイトの担当者によく相談する

    転職サイトに登録している場合は、担当者に何でも相談することをおすすめします。

    聞いていいことなのかわからないことでも、とりあえず聞くことで、自分一人では思いつかなかった解決策や考えの棚卸しに繋がります。

    特に選考対策やビジネスマナーなど、誤りに自力で気付くことに限界があることは重点的に相談しましょう。

    自己分析する際も、自分の印象や強みをくまなく聞いてみてください。

    転職サイトに登録していない場合は、友人・知人に自分の印象を聞きながら、自己分析を行うことをおすすめします。

    第三者の視点からアドバイスをもらうことで、自分一人で転職活動を行うよりも自分の強み、長所を発見しやすくなります。

    スキルをつける

    新卒入社の際はポテンシャル採用も多いですが、エンジニアの中途採用ではスキルが重視されることが少なくありません。

    前職でもエンジニアをしていた場合はその経歴・経験で勝負できますが、未経験からエンジニアとして働きたい方はその他(人間性やポテンシャルなど)でアピールするか、スキルをつけることが必要です。

    独学で勉強して資格を取得したり、アプリ・サービスを自作するなどでプログラミングへの熱意や、ある程度のスキルをアピールすることは可能です。

    しかし実戦経験がないままプログラミングを行うのはハードルが高く、資格だけでは採用してくれない企業も残念ながら多いです。

    自分のスキルや経歴に自信がない方は、プログラミングスクールに通うことをおすすめします。

    プログラミングスクールでは転職サポートや転職保証をしているところもあるため、スキルをつけて転職したいと思っている方にぴったりです。
    >>おすすめのプログラミングスクールはこちら

    エンジニア転職市場の動き

    この項目では、エンジニアの転職市場の動きについて解説していきます。

    エンジニアの求人倍率

    dodaの調査によると、IT・通信分野の求人倍率は8.25倍です。

    このことから、IT・通信分野は比較的人手が足りていないことが分かります。
    (求人倍率が1を超えると求職者よりも求人の方が多いということになります)

    そのためIT・通信分野の一つであるエンジニアも、他業種に比べると就職しやすいと言えます。

    またこのdodaのデータによると、IT・通信分野の転職求人倍率は2021年5月時点で5.63倍となっています。

    そのため、転職も比較的しやすいと言えるでしょう。

    エンジニアの平均年収

    dodaによると、ITエンジニアの平均年収は452万円(2020年12月時点)です。

    これは全職種の平均年収である409万円に比べると高い金額です。

    またあくまでこれは平均なので、スキルや経歴、ポテンシャルによってはこれ以上の年収を目指すことも可能です。

    ちなみにITエンジニアの生涯賃金は平均2億5,296万円と言われています。

    IT/Webエンジニア転職におすすめの企業

    ここでは、エンジニア転職におすすめの大手企業をご紹介します。

    いずれもエンジニアが成長できる環境が整ったおすすめの企業です。

    エンジニアにおすすめの大手企業
    1 ヤフー株式会社 日本最大級の検索サービス・ニュースメディアを運営する企業
    2 株式会社メルカリ ユーザー同士で商品の売買が可能な日本最大級のフリマアプリを運営する企業
    3 株式会社サイバーエージェント ウマ娘をはじめとするゲームのほか、広告事業を行う企業
    4 DMM com Group 分野を問わず幅広く事業を展開する企業
    5 楽天株式会社 国内最大級のECサイトを運営。ECサイト以外にも金融やモバイル事業などを幅広く展開する企業
    6 楽天株式会社 国内最大級のECサイトを運営。ECサイト以外にも金融やモバイル事業などを幅広く展開する企業

    エンジニアが年収を上げる方法

    ここでは、エンジニアが年収をアップさせるための方法をご紹介します。

    変化が多くトレンドが変化しやすいIT/Web業界では、年収を上げる方法を理解しておく必要があります。

    年収を上げるための方法
    • 継続的にスキルアップする
    • 最新の言語を学び続ける
    • ベンチャー企業に転職する

    継続的にスキルアップする

    エンジニアが年収を上げるためには、まずはスキルアップをすることが必要です。

    もちろん最新の知識を学ぶことは重要ですが、学んだ知識を実務レベルで使いこなせるレベルに成長する必要があります。

    学んだ知識を使いこなすためのスキルを身に着け、変化の大きいIT/Web業界で幅広く活躍できるようにしておきましょう。

    最新の言語を学び続ける

    高年収を稼ぐことができるエンジニアになるためには、最新の言語を学び続けることは必要不可欠です。

    IT/Web業界では、現場で使われる言語やスキルが変化し続けています。
    このように変化の激しいIT/Web業界では、継続的に需要の高い言語・スキルを学ぶことで市場価値が高まり、年収アップにつながります。

    また、使える言語が増えればその分実装できるシステムが増えるため、受けられる案件が増加します。
    そうなると企業に属さなくても、フリーランスエンジニアとして独立することも可能になり、会社員よりも高い年収を狙うことも可能です。

    いま需要が高く、案件数が多いプログラミング言語は以下の通りです。

    求人数ランキング 言語 求人件数
    1位 Java 約4,000件
    2位 PHP 約2,800件
    3位 JavaScript 約2,700件
    4位 Python 約2,300件
    5位 Ruby 約1,700件

    ベンチャー企業に転職する

    フリーランスとして活躍することを希望せず、会社員として高年収を目指す場合は、ベンチャー企業に転職することをおすすめします。

    ベンチャー企業ではそもそも在籍しているエンジニアの数が少ないことが多いので、会社内での価値が非常に高く評価されやすいです。
    複雑なシステムを使ってビジネスを行っている企業の場合、エンジニアがいなくなるとビジネスを運営できなくなってしまうため、より高評価を受けやすくなります。

    以上の理由から、年収を高めるための効率的な方法として、ベンチャー企業に転職することをおすすめします。

    スキルアップによるエンジニアのキャリアパス

    近年では、AI、IoT、ビッグデータなどのIT技術が発達し、エンジニアのキャリアパスは多様化しています。

    実際のキャリアパス例を参考に、いくつか職種を見ていきましょう。

    それぞれ順に解説していきます。

    Webエンジニア

    Webエンジニアとは、インターネット上で動くWebサービスの設計・開発を担当する職種です。

    言語やエンジニアのスキルを学ぶだけではなく、SEOやインターネット広告などの知識も必要になります。

    コーディングをするだけではなく、実際にWebサービスのビジネス効果を高めることも求められるため、マーケティングなどのビジネススキルも学ぶ必要があります。

    幅広い知識・スキルが求められるWebエンジニアですが、その分高年収を狙うことが可能です。

    ITエンジニア

    ITエンジニアとは、システムエンジニア・プログラマー・サーバーエンジニア・ネットワークエンジニアなど、情報技術を取り扱うエンジニアのことを指します。

    基本的なプログラミングスキルが必要なのはもちろんですが、そのほかにもコミュニケーションスキルやロジカルシンキングなど、幅広いスキルが求められます。

    プロジェクトの上流工程を任されることも多いので、マネジメントスキルも身につけておく必要があるででしょう。

    機械エンジニア

    機械エンジニアとは、メカニカルエンジニアとも呼ばれる職種です。

    主に工場の設備や、自動車に関連する機器・プロダクトの設計から運用までを行う職種です。

    ITやWebエンジニアとは少々異なるスキルや知識が求められますが、市場における人材が不足しているため、機械エンジニアは国内で重宝される職種です。

    平均年収は約500万円であるため、日本の平均年収と比較しても高い年収を目指すことができます。

    システムエンジニア

    システムエンジニアは、クライアントの要件定義から、どのように作業を行うかのプロジェクト設計など、エンジニアリング業務の上流工程を担う職種です。

    プログラミングなどのスキルが必要なのはもちろん、ロジカルシンキング・マネジメントスキル・コミュニケーーションスキルなど、ビジネスにおける幅広いスキルが求められる職種です。

    エンジニア転職のよくある疑問

    この項目では、エンジニア転職でよくある疑問について解説していきます。

    1. 若いうちから転職して本当に大丈夫?

    エンジニアが若いうちに転職するのは大丈夫です。

    むしろエンジニアは新しい言語や技術をどんどん覚えていく必要があるので、若い方が転職に有利です。

    しかし、新卒入社後1年以内での転職は出来れば避けましょう。

    1年足らずで会社を辞めた人物として、転職で不利になる可能性の方が高いです。

    2. 未経験からエンジニアとして転職できる?

    未経験からでもエンジニアへの転職は可能です。

    もちろん中途採用はスキルや経歴が重視されるため、エンジニア経験がある人より不利になってしまうこともありますが、アピール次第で十分に可能性はあります。

    またIT・通信分野は人手不足であり、これからも需要が増えることが予想されます。

    そのため、未経験でも採用してもらえる可能性が高いのです。

    ただ転職する前に、プログラミング作業を少しでも経験しておくことは大切です。

    特にプログラミングがまったくの未経験の場合、せっかく転職できても「プログラミング作業が思ったよりもしんどい、合わない」となってすぐに退職してしまうということがあります。

    そうなってしまうと、せっかく転職活動をしたのに意味が無くなってしまいます。

    転職前に、自分がプログラミング作業が続けられそうか確認しておくことで、職種へのミスマッチが防げます。

    無料で学べるプログラミングスクールもあるので、よければ以下のリンク先を参考にしてみてください。
    >>おすすめのプログラミングスクールはこちら

    もしプログラミング作業を行うことに不安がない方は、エンジニア未経験におすすめの転職サイトをまとめたのでこちらも参考にしてみてくださいね。
    >>未経験におすすめのSE転職サイトはこちら

    3. エンジニアにおすすめの資格はなに?

    エンジニアにおすすめの資格は主に2つあります。

    基本情報技術者
    応用情報技術者

    基本情報技術者の難易度がさらに上がった資格が応用情報技術者です。

    これは2つとも日本で国家試験として認められています。

    外資系企業ではあまり浸透していないようですが、日本のIT業界、特にSI業界では取得している人が多いです。

    実際SI業界の企業で、基本情報技術者試験を3年目までに取るよう新卒入社の社員に促す企業も多いようです。

    本やWEB上で過去問を学ぶことが出来るので、気になる方は勉強してみることをおすすめします。

    4. 現在の職場に転職活動はばれない?

    転職サイトを使っていると、そこから転職活動がばれてしまうのではないかと不安になる人は多いです。

    結論から言うと、スカウトサービスに登録するとばれてしまう可能性があります。

    スカウトでは、自分の性別や学歴、持っている資格、職務経歴、住んでいる都道府県などを企業に閲覧されてしまいます。

    そのため、勤務している企業が同じスカウトサービスを利用していた場合、あなたの情報をみつけて特定してしまうことがあります。

    しかしスカウト機能によっては特定の企業に対して情報を非公開に出来るので、その機能を活用することでばれるリスクを最小限にすることが出来ます。

    一方スカウト機能のない転職サイトであれば、転職していることがばれることはほとんどありません。

    どうしても気付かれたくない場合は、

  • 転職サイトの担当者にその旨を伝えておく
  • 社用PCで転職サイトの閲覧・ログインをしない
  • などを徹底することをおすすめします。

    5. 転職サイトはすぐ退会できる?

    転職サイトの退会方法は、転職サイトごとに異なります。

    求人型の転職サイトはボタン一つで退会できることが多いですが、エージェント型の転職サイトはメールを送る事が多いです。

    エージェント型は担当者の方としっかり密にコミュニケーションをとって転職に臨むことが多いため、退会の際に必要となる連絡も求人型サイトよりしっかりしていることが多いです。

    ただ、どのサイトもしっかり手順を踏めば安全に退会出来ます。

    エージェント型転職サイトに送るメールも、基本的な内容は決まっているので、あまり考える必要はありません。

    ですが個人情報が残ってしまわないよう、どのサイトもホームページに載っている正確な手順に則って退会してください。

    6. エンジニアから異業種に転職できる?

    エンジニアから異業種に転職できる人はいます。

    dodaの調査によると、IT業界に関わらず全体で異業種転職する人の割合は24歳以下の年代で66.5%を占めています。

    その割合は年齢が上がるにつれて低くなり、40~44歳では51.0%まで下がります。

    異業種の人を社員として受け入れる率が高い業種は、以下の通りです。

    1位:「商社/流通」
    2位:「サービス」
    3位:「メディア」

    IT・通信分野で働く人は、特にサービス分野の業務コンサルタントへの転職も相性が良いとされます。金融分野への転職も多いようです。

    エンジニアは専門的な知識を多く扱うため、その知識を活かしてIT業界を顧客とする営業職への転職もおすすめです。

    ちなみにIT・通信分野は異業種の人を受け入れる率が各業種の中で最も低く、転職者のなんと約6割が同じIT・通信分野で働いていた人です。

    異業種からIT・通信分野に転職する人は、

    • メーカー・コンサルティング・人材サービスなどのサービス業から営業経験を生かしてITベンダーやWeb広告などの法人営業に転職する人
    • メーカーでのシステム・回路設計経験を活かしてアプリ開発などを行うエンジニアに転職する人

    など様々です。

    異業種からITエンジニアに転職したい方でスキルや経歴に不安がある方は、エンジニアに特化した転職サイトに登録して転職活動を行うことを特におすすめします。

    特にエージェント型転職サイトは選考突破率が比較的高く、企業に自分をプッシュしてくれることもあるからです。
    >>エンジニアにおすすめの転職サイトはこちら

    7. 学ぶのがおすすめのプログラミング言語は?

    どのプログラミング言語を使うかは、「どんなサービス・システム開発に携わりたいか」によって主に変わります。

    例えばAI開発に強いプログラミング言語はPython(パイソン)と言われていますが、WEB系に強いプログラミング言語はJavaやRudyなどです。

    自分が携わりたいシステム開発の現場ではどの言語が使われているかを調べてみると良いと思います。

    ちなみに一般的にJavaC言語はよく使われています。

    もし携わりたい業界やシステムが明確に決まらない場合は上記の言語から勉強するのもおすすめです。

    またエージェント型の転職サイトだと、自分に合っている業界を転職のプロに相談しながら決めていくことが出来ます。

    そのため志望業界を早めに決めたい方などはエンジニア向け転職サイトを利用してみることをおすすめします。
    >>エンジニアにおすすめの転職サイトを見てみる

    8. エンジニアの35歳限界説は本当?

    「エンジニアは35歳までが限界」というような説がささやかれることがあります。

    しかし結論から言ってしまうと、そのようなことはありません。

    特にIT業界の労働力の需要は高まっていますので、IT業界での経験が積めていればなおさら、35歳以降でもエンジニアとして活躍することは出来ます。

    ただ35歳をすぎると、課長や部長などの管理職に就くエンジニアが増えます。

    そのため35歳以降はエンジニアを離れる人が多くなり、エンジニアの35歳定年説・限界説が流れた可能性はあります。

    81歳でプログラミングを学び始めてiPhoneのゲームアプリを作った方もいますので、エンジニアとして活躍できるかできないかは年齢というより、個人の勉強量などが大きく関わってくると思われます。

    9. エンジニアの種類は?

    エンジニアの種類は主に以下の2つに分類することが出来ます。

    • 開発エンジニア
    • インフラエンジニア

    有名なシステムエンジニア(SE)は、開発エンジニアに含めて話されることが多いです。

    開発エンジニア
    どんなシステムを作るのか顧客と相談したり、その相談を元に実際にシステム構築を行う
    ex)フロントエンドエンジニア、組み込みエンジニアなど

    インフラエンジニア
    ITインフラ(サーバーや通信など)の構築・保守・運用
    ex)ネットワークエンジニア、サーバーエンジニア、セキュリティエンジニアなど

    参考にしてみてください。

    10. 未経験の30代でもエンジニアに転職できる?

    未経験の30代の方でも、しっかりとスキルを身に着けることでエンジニアに転職することも可能です。

    スキルや知識がまったくない状態からだと募集している求人が多くないので、最低限のスキルや知識は身に着けてから転職活動を行うことをおすすめします。

    時間がない中でエンジニアとしてのスキルを身に着けたい方は、プログラミングスクールや転職サイトを活用しましょう。

    >>おすすめのプログラミングスクールを見る

    IT/Webエンジニアにおすすめの転職サイトまとめ

    この記事では、エンジニアにおすすめの転職サイトの紹介や、転職サイトの選び方・活用方法などを主に解説しました。

    エンジニアの方が転職をする際は、質の高い転職サイトを最大限に活用することや、スキルを付けることが重要です。

    せひここで紹介した情報を活用して、転職活動を乗り切ってくださいね。

    >>エンジニアにおすすめの転職サイトに戻る

    参考文献
    経済産業省
    IT人材需給に関する調査
    IT人材を巡る現状について(データ編)
    我が国におけるIT人材の動向
    IT業界の働き方・休み方推進
    IT人材育成の状況等について

    独立行政法人情報処理機構
    ITスキル標準はやわかり-人材育成への活用-
    IT人材の育成
    IT人材動向調査
    技術者とスキル標準(標準編)
    ITプロフェッショナルを目指す方へのヒント集

    職業情報提供サイト
    IT関連の仕事(業界別)-知らない職業を探してみよう-

    厚生労働省
    IT分野の職業訓練(求職者支援訓練)

    中小企業庁
    IT人材不足の現状

    総務省
    必要とされるスキルの変化と求められる教育・人材育成のあり方

    独立行政法人労働政策研究・研修機構
    IT人材の長期戦力化に向けた キャリア開発